コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツイード ツイード tweed

翻訳|tweed

6件 の用語解説(ツイードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツイード
ツイード
tweed

スコッチツイード Scotch tweedまたは単にスコッチともいう。紡毛織物の一種で,スコットランドで,荒いチェビオット種羊毛を手紡ぎで糸にして,手織で農家の副業につくられたのが始り。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ツイード(tweed)

太い羊毛を用いて平織りまたは綾織りにした、粗くざっくりした感じの紡毛織物。スコッチ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツイード

毛織物の一種。スコッチ種などの太くあらめの羊毛を用い,平織,綾織,変り織などにする。元来は手紡ぎ,手織にしたホームスパンであったが,近年は機械によるものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ツイード【tweed】

紡毛織物の一種。一般にはイギリスチェビオット種,ブラックフェイス種,ハードウィック種などの羊毛,または長毛種のボーダーレスター種,リンカン種や,ダウン種のオックスフォード・ダウン,クランフォレスト種などの羊毛を原料とする,紡毛糸による綾織や平織のざっくりした風合いの織物をいう。起毛や縮絨(しゆくじゆう)を行わないため織り目がはっきりし,手触りも粗く量感がある。語源は,本来イングランドとスコットランドの国境に位置するボーダー地方で織られていた粗剛な綾織のツイルtwillが,18世紀半ばころにスコットランド語でtweelとつづられ,しかもこの地方のトウィード川流域で製織されていたことからロンドンの商人がtweedと誤記したことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ツイード【tweed】

太い紡毛糸を使って平織りまたは綾織りにした、ざっくりした感じの織物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツイード
ついーど
tweed

もと、スコットランドとイングランドの国境を流れるツイード川河畔で、チェビオットcheviot羊毛からつくられた2―2斜文組織の毛織物。18世紀なかばまでは、羊毛の剪毛(せんもう)から製織まですべて家内工業で行われ、産地では四枚綾(あや)four leaf twillといっていたが、スコットランド人はツイルtwillをtweelと誤って綴(つづ)り、これを販売したロンドン商人は川の名と、誤綴(ごてつ)したツイルとから考えてtweedを織物名にしたといわれる。現在のものは、チェビオット羊毛ばかりでなく、これに似た羊毛を使い、外観をツイード風にくふうしたもので、機械紡績の紡毛糸により力織機で織った紡毛織物をも含めている。
 生地(きじ)は、原料に太い雑種羊毛を用いるために手ざわりも非常に粗剛な感じであり、縮絨(しゅくじゅう)、起毛を行わないから織り目がはっきりしている。ホームスパンhomespunが平織であるのに対して綾織である点が異なるだけで、名称もしばしば混同して用いられている。柄は、霜降り、無地、杉綾の縞(しま)ものがもっとも多い。[角山幸洋]

スコッチ・ツイード

Scotch tweed日本では単にツイードともいい、もっとも基本的な生地であるが、ほかの種類のものを含めた総称として使うことがある。経緯(たてよこ)のうち一方を白の紡毛糸、他方を黒またはその他の色相にばら染めした紡毛糸を使う。[角山幸洋]

ハリス・ツイード

Harris tweedスコットランド北岸のアウター・ヘブリディーズIslands of the Outer Hebrides諸島産の手織りの紡毛ツイードをさし、ツイードのうちでもっとも高価な種類である。名称は、ハリス・ツイード協会の登録商標になっている。厚手のウールで野趣に富む味のある生地である。[角山幸洋]

アイリッシュ・ツイード

Irish tweedアイルランドの貧農の副業として織られたもので、経に白糸を、緯に濃藍(のうらん)色、暗褐色、黒、ねずみの色糸を用いている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のツイードの言及

【イギリス】より

…これに対し古都エジンバラは,軽工業や金融業に特色を有する文化都市である。(3)南部 中央の丘陵地帯では粗放的牧羊が広く行われ,それを利用したトウィード河谷の羊毛工業は,ツイード織として知られる。ベリック周辺の東部低地では大麦,エンバク等の栽培が,西部のソルウェー湾岸低地では酪農もみられる。…

【トウィード[川]】より

…スコットランド南部高地のトウィーズ・ウェルに源を発し,北東から東流,途中エトリック,ティービオット,ティルなどの支流を合わせ北海に注ぐ。メルローズまでの上流域は河谷を形成し,粗放的牧羊地帯となって,〈ツイード織〉で有名な毛織物工業がガラシールズ,セルカークなどで発達する。下流の約27kmはスコットランドとイングランドの境界線となり,河口都市ベリック・アポン・トウィードはイングランド側に属する。…

※「ツイード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツイードの関連キーワード紡毛織物毛布イギリスオランダ戦争カルゼイギリス巻カージーチェビオットドルチェビータ・ウェイイギリス毛織物イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツイードの関連情報