コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツキノワグマ ツキノワグマ Selenarctos thibetanus; Asian black bear; Himalayan black bear

4件 の用語解説(ツキノワグマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツキノワグマ
ツキノワグマ
Selenarctos thibetanus; Asian black bear; Himalayan black bear

食肉目クマ科。体長 1.5m内外,体重 80~150kg。全身黒色で,胸の部分に白色の月の輪状の斑紋がある。ただしこの紋は,中央で切れたり,消失したりすることもある。雑食性で,木の芽,果実,蜂蜜をはじめアリ,哺乳類などを食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ツキノワグマ

中国東北部、台湾、東南アジア北部などに広く生息する。日本では本州以南に生息、森林性哺乳類では最大種。国はこれまで西日本など6地域の個体群を「絶滅危惧種」に指定していたが、8月末に公表した野生生物の「レッドリスト」改訂版で、九州地方ツキノワグマを「絶滅」とした。

(2012-09-04 朝日新聞 朝刊 宮城全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツキノワグマ

ヒマラヤグマ,クロクマとも。食肉目クマ科の哺乳(ほにゅう)類。体長1.2〜1.9m,尾8cmほど。体は黒色で,普通,前胸に三日月状の白斑をもつ。東アジアに分布し,日本の亜種ニホンツキノワグマは本州,四国,九州に産する。
→関連項目クマ(熊)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツキノワグマ
つきのわぐま / 月輪熊
Himalayan black bearAsiatic black bear
[学]Selenarctos thibetanus

哺乳(ほにゅう)綱食肉目クマ科の動物。アジアクロクマ、ヒマラヤグマの名もある。アフガニスタン、イランからアムール川以南のアジア大陸東部、海南島、台湾、日本まで東アジアに広く分布する。頭胴長1.9メートル、最大体重は雄で210キログラム、雌で170キログラムの記録がある。毛は黒く、普通、前胸に三日月状の白斑(はくはん)、いわゆるツキノワ(月輪)があるが、地域によってはこの白斑をもたないものがある。
 日本のものはこの1亜種でニホンツキノワグマS. t. japonicusとよばれ、本州、四国に分布するが、九州では絶滅したものとみなされている。西日本での分布域の減少が著しい。
 春はフキ、スゲなどの草本、タケノコ、秋はミズナラ、ミズキ、ヤマブドウなどの樹木の実を主として食べるほか、アリやハチも好む。樹洞や岩穴などに入って冬ごもりし、この間、雌は1~2子を産む。春先、冬ごもり穴から出てきたクマは、越冬前に比べ体重が約20%も減少している。[渡辺弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツキノワグマの関連キーワードダイズ(大豆)東南アジア東南アジア条約機構南海貿易慕容アジアダラー東南アジア学会東南アジア考古学会戦時中の外地の日本人中国の対東南アジア戦略

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツキノワグマの関連情報