コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツキミソウ

百科事典マイペディアの解説

ツキミソウ

マツヨイグサ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツキミソウ
つきみそう / 月見草
[学]Oenothera tetraptera Cavan.

アカバナ科の二年草。茎は粗く、分枝して高さ30~60センチメートル。葉は互生し、披針(ひしん)形で不ぞろいに羽状に裂ける。夏、葉腋(ようえき)に径3~4センチメートルの白色花をつけ、茎の上部に総状に配列する。花弁は倒心形で、しぼむと紅変する。夕刻から開花し、翌朝までにしぼむ。子房は白色の長毛で覆われ、果期に倒卵形となり、八稜(りょう)がひれ状に突出する。メキシコ原産で、日本には嘉永(かえい)年間(1848~1854)に渡来して栽培されるようになったが、野生化はしていない。
 近縁のヒルザキツキミソウO. speciosa Nuttは本種によく似るが、これは北アメリカ原産の多年草で、夜から昼に開花する。横走する根茎を伸ばし、茎上の葉は鋸歯(きょし)が浅い。茎や葉には曲がった短毛が多い。花序はつぼみのとき下向きに垂れ、白色花のほかに淡紅色花がある。子房は曲がった短毛を密生し、果期に棍棒(こんぼう)状となり、八稜はひれ状に突出しない。これらの点でツキミソウとは異なる。観賞用として導入されたものが逸出し、関東地方に普通に野生化している。
 ツキミソウという呼称は特定の1種をさすものであるが、一般にはマツヨイグサ属各種の総称となっている。また近縁種のマツヨイグサやオオマツヨイグサとともに宵待草(よいまちぐさ)とよばれて親しまれているが、これらは黄色花で、ツキミソウとは別ものである。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツキミソウの関連キーワード皮膚疾患(湿疹、じんま疹、虫刺され)オオマツヨイグサ(大待宵草)ツキミソウ(月見草)サプリメントとはアレルギー性鼻炎ツキミソウ油ヨイマチグサ小児糖尿病野村克也大待宵草ゴデチア食用油待宵草夕化粧月夜草花時計夜盗花

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツキミソウの関連情報