コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツゲ(黄楊) ツゲBuxus microphylla var. japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツゲ(黄楊)
ツゲ
Buxus microphylla var. japonica

ツゲ科の常緑小高木。本州の関東以西,四国,九州の暖地に分布する。山地に自生し,特に石灰岩地に多くみられるが,庭木としてもよく植えられる。幹は直立し高さ1~3mになる。生育が遅く直径 25cmの太さで,年輪が 600~700を数えるものがあるが,通常は径数 cm止りである。若枝は四角柱状で,葉は対生し倒卵形または長楕円形で長さ1~3cm,幅7~15mm,革質で光沢がある。4~5月頃,葉腋に淡黄色の小花が密集して咲く。多数の雄花の中心に1個の雌花がある。雌花,雄花とも萼片は4枚で,花弁を欠く。雄花にはおしべ4本と退化しためしべがある。果実は長さ 1cmほどの楕円形の 蒴果で2本の角があり,熟すると3つに裂開する。材は黄色または淡黄褐色で堅く,狂いが少いため定規,将棋の駒,管楽器,三味線の撥 (ばち) などに用いられ,特に櫛材,印材としては昔から有名である。なお,庭木として普及しているイヌツゲ (犬黄楊) は本種とはまったく別のモチノキ科の低木で,外形や葉の形,大きさが似ているが,枝に稜がなく葉が互生することと,黒い球形の実がなる点で区別できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツゲ(黄楊)の関連キーワードイヌツゲ(犬黄楊)桜淵県立自然公園スタンプツゲ科新城市鳳来

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android