コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツチバチ ツチバチScoliidae; scoliid wasp; flower wasp

3件 の用語解説(ツチバチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツチバチ
Scoliidae; scoliid wasp; flower wasp

膜翅目ツチバチ科の昆虫の総称。中~大型のハチで体は細長く (雄のほうが雌より細い) ,強固で多毛。体色は黒色で,赤,黄,白などの斑紋や帯紋のある種が多い。前翅の肘室は2~3個で肘脈は外縁に達しない。前後翅とも外縁部は広く,微細な縦条がある。肢は短く,剛毛が密生する。中・後胸腹板は融合して1枚の板になり,中・後肢基節の基部をおおう。雌はコガネムシ科の幼虫に産卵し,孵化したハチの幼虫は外部から宿主を食べて育つ。世界に約 1000種,そのうち日本にはヒメハラナガツチバチ Campsomeris annulatus,キンケハラナガツチバチ C. prismatica,コモンツチバチ Scolia histrionicaなど十数種が知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ツチバチ

膜翅(まくし)目ツチバチ科の昆虫の総称。比較的大型のものが多く,黒色地に黄,だいだい,赤などの斑紋があり,黒または金色の剛毛でおおわれる。寄生生活を営み,雌は地中のコガネムシ類の幼虫に産卵,幼虫はこれを食べて発育する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツチバチ
つちばち / 土蜂

昆虫綱膜翅(まくし)目ツチバチ科Scoliidaeに属するハチの総称。膜翅目のなかでももっとも大形の種類を含み、ボルネオ島産のものには体長6センチメートルに達するものがある。全身に剛毛がある。体は黒色でしばしば金属光沢を有し、腹部には種特有の黄斑(おうはん)や黄褐色毛帯をもつものが多い。腹部はとくに大きくて長い。日本にはハラナガツチバチ属Campsomerisとツチバチ属Scoliaの2属を普通に産する。雌バチは地表すれすれに飛びながら寄主とするコガネムシの幼虫の地中生息場所を嗅覚(きゅうかく)で探り、地中に直角に掘り進み、幼虫の胸部下面を刺して麻痺(まひ)させ、腹面のほぼ中央に1卵を産み付ける。ヒメハラナガツチバチC. annulataは体長2センチメートル内外、ドウガネブイブイ、マメコガネなどに寄生するが、サイパン島のサトウキビの害虫であるマリアナスジコガネの防除に利用され成功した例がある。熱帯地方のココヤシの大害虫ライノケロス・ビートルrhinoceros beetle/Oryctes rhinocerosにはスコリア・フラビフロンスScolia flavifronsが寄生する。本科に近似のコツチバチ科のコツチバチ属Tiphiaは小形で、ツチバチ類と同じようにコガネムシの幼虫に寄生する。ツチバチやコツチバチは系統的には原始的なカリバチであるが、応用上は重要な益虫が多い。[平嶋義宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone