コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツヅラフジ科 ツヅラフジかMenispermaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツヅラフジ科
ツヅラフジか
Menispermaceae

双子葉植物キンポウゲ目の1科。北半球暖温帯を中心に 60余属約 350種があり,大半は多年生または低木性のつる植物である。葉は互生し,単葉で柄がある。花は葉腋に総状の花序 (→総状花序 ) をなしてつき,放射相称形で3数性のものが多い。萼片花弁各3枚,おしべ6本が標準的で,めしべも独立に3個あるか,または癒合して1個となる。果実はゆがんだ球形核果となるものが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツヅラフジ科
つづらふじか
[学]Menispermaceae

双子葉植物、離弁花類。普通は藤本(とうほん)(つる植物)で、まれに草本または低木もある。葉は互生し、全縁または掌状に分裂し、三行脈が目だつものが多い。托葉(たくよう)はない。雌雄異株。花序は総状、散房、散形など。花は普通は三数性、小形で目だたない。雄しべは合着するものが多い。果実は核果、胚(はい)は曲がる。熱帯から亜熱帯を中心に世界に約70属400種あり、日本には6属7種分布する。アルカロイドを含み、薬用植物として重要なものを多く含む。アケビ科やメギ科に近縁である。[寺林 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツヅラフジ科の関連キーワードハスノハカズラ(蓮葉蔓)フェニルピラゾール殺虫剤タマザキツヅラフジコウモリカズラピクロトキシンアオツヅラフジイソヤマアオキセファランチンハスノハカズラオオツヅラフジアルカロイド近藤 平三郎ツボクラリン落合 英二ツヅラフジシノメニンコロンボ根モルフォバリエラアケビ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android