コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドシウス2世 テオドシウスにせいTheodosius II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドシウス2世
テオドシウスにせい
Theodosius II

[生]401.4.10. コンスタンチノープル
[没]450.7.28. コンスタンチノープル
東ローマ皇帝 (在位 408~450) 。 402年父アルカディウス帝の共治帝とされ,その死後7歳で帝位につき,初めアンテミウス,のち姉プルケリアが摂政となった。学問,宗教の研究を好み穏和であった。その治世は外部からの侵入に悩まされ,アフリカではバンダル族,ドナウではフン族のアッチラの劫略を受けた。また彼がコンスタンチノープル総大司教に任命したネストリウスが異端問題を起し,431年エフェソス公会議で追放された。 425年コンスタンチノープル大学を創設。また有名な『テオドシウス法典』の編纂は彼の手に成る (438) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

テオドシウス2世

生年月日:401年4月10日
東ローマ皇帝(在位408〜450)
450年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

テオドシウス2世の関連キーワードウァレンティニアヌス(3世)コンスタンティノープルオリュンピオドロステオドシウスの城壁クリュサフィウスビザンティン帝国テオドシウス朝マルキアヌスノバチアヌスイェディクレ盗賊教会会議エウドクシアヒラリウスエルズルム生年月日アスパルミュラ引用法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android