テオドレトス[キュロス](英語表記)Theodōrētos; Theodoret of Cyrros

  • キュロス
  • テオドレトス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]386/393. アンチオキア
[没]458/466. キュロス
キュロスの主教。護教家。聖書解釈,教理神学,教会史の分野における著述家として知られる。 428年以後友人ネストリウスアレクサンドリアキュリロスの間で展開されたキリスト論論争に加わり,アンチオキア学派のキリスト両性論を主張し,キュリロスの最大の論敵の一人となった。キリスト単性説をとるいわゆるエフェソス盗賊教会会議 (449) によって免職されたが,カルケドンの公会議 (451) でネストリウスを排斥することによって復職した。しかしキュリロスに対するテオドレトスの駁論コンスタンチノープル公会議 (553) で再び否認された。著書には,旧約聖書の注解のほかに,『宗教史』 Historia religiosa,エウセビオスの『教会史』を 428年まで延長したその続編ともいうべき『教会史』 Historia ecclesiasticaがあり,特にそのうちに含まれる史料によって貴重である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android