コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドレトス[キュロス](英語表記)Theodōrētos; Theodoret of Cyrros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドレトス[キュロス]
Theodōrētos; Theodoret of Cyrros

[生]386/393. アンチオキア
[没]458/466. キュロス
キュロスの主教。護教家。聖書解釈,教理神学,教会史の分野における著述家として知られる。 428年以後友人ネストリウスとアレクサンドリアのキュリロスの間で展開されたキリスト論論争に加わり,アンチオキア学派のキリスト両性論を主張し,キュリロスの最大の論敵の一人となった。キリスト単性説をとるいわゆるエフェソスの盗賊教会会議 (449) によって免職されたが,カルケドンの公会議 (451) でネストリウスを排斥することによって復職した。しかしキュリロスに対するテオドレトスの駁論はコンスタンチノープル公会議 (553) で再び否認された。著書には,旧約聖書の注解のほかに,『宗教史』 Historia religiosa,エウセビオスの『教会史』を 428年まで延長したその続編ともいうべき『教会史』 Historia ecclesiasticaがあり,特にそのうちに含まれる史料によって貴重である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android