コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオブロミン theobromine

翻訳|theobromine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオブロミン
theobromine

カカオに含まれるアルカロイドテオフィリン異性体。化学式 C7H8N4O2 。利尿剤として用いられる。結晶で融点 357℃。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

テオブロミン

 C7H8N4O2 (mw180.17).

 カカオ豆,緑茶などに含まれるアルカロイドで,苦味があり,神経興奮,利尿,強心作用などがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

テオブロミン【Theobromin】

カカオの種子に含まれるアルカロイドの一種。テオフィリンの異性体。メチル化するとカフェインになる。中枢神経興奮薬・利尿薬として用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のテオブロミンの言及

【興奮薬】より

…中枢神経興奮薬は薬理学的に次のように分類されている。(1)カフェイン類 チャの葉,コーヒーなどに含有されるカフェイン,テオフィリン,テオブロミンなどは化学構造も互いに類似し,共通の薬理作用を有する。カフェインは50~100mgの量で大脳皮質を興奮させ,眠気,疲労感を除去する。…

【ピンポンノキ】より

…栗に似た風味をもつが甘みはない。ココアに含まれるテオブロミンtheobromineに似たアルカロイドを含有する。ピンポンノキの和名は,漢名〈蘋蔢〉の中国音〈ピンポー〉に由来する。…

【利尿薬】より

…茶やコーヒーに含まれるカフェインの利尿作用は有名であるが,その作用は後者に属する。このグループに属するものには,カフェインに類似の化合物であるテオフィリンやテオブロミン,カンタリジンなどがある。テオブロミンの利尿作用はカフェインより強く,テオフィリンより弱いが,中枢神経に対する作用は最も弱いため,よく用いられる。…

※「テオブロミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

テオブロミンの関連キーワードテオフィリン製剤キサンチン誘導体中枢神経興奮薬プリン(化学)アミノフィリンフィッシャーコーラ飲料ジウレチンカフェイン興奮薬プリンコーラ補説