テカポ湖(読み)テカポコ

世界遺産情報の解説

テカポ湖

マウント・クックの裾野に開けた高原地帯にある湖で、かつては氷河の底にあったという、静寂に包まれた神秘の湖です。氷河が流れることで岩石が削られ、微粒子が混ざり込んで湖水と混じり合い、独特のトルコ石色に輝いています。明るく輝くコバルト・ブルーの湖水と草原地帯、緑の林の向こうにそびえるサザンアルプスの山々は、ニュージーランドの代表的な風景の一つです。湖畔には石造りの小さな「善き羊飼いの教会」が建ち、祭壇の後ろの窓からは、湖とサザンアルプスの神々しいほどの光景が望めます。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

テカポこ【テカポ湖】

ニュージーランドのタスマン氷河の東側にある湖。湖畔には「善き羊飼いの教会」がたたずむ。背後にはサザンアルプスから連なる山々がそびえ、その姿はコバルトブルー湖面に映り、すばらしい景観が広がる。湖の周辺にはウォーキングトラックがあり、ブラックスワンカモなどがたわむれる様子を見ることができる。ヨット水上スキーカヌー、マス釣りなども楽しめる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android