テクノロジー・アート(英語表記)technology art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸術はその発生以来,常に技術の側面を伴ってきたが,ここでは,現代の科学技術の劇的な進歩の成果を導入している芸術をいう。第2次大戦後,さまざまな芸術集団がテクノロジーと芸術の新しい関係を築いてきたが,現在はさらに根本的革新である電子テクノロジーへの移行が完了しつつあり,サイバネティクスホログラフィー,またコンピュータ・グラフィックスやビデオ・アートエレクトロニックアートなどの芸術が広がりつつある。今後は,機械を人間の外部とみなすような思想ではなく,機械と人間がいかに共生し相互依存関係を確立させていくかという柔軟な思想がますます必要になっていくだろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キネティック・アート以降の,ライト・アート,ネオン・アート,レーザー・アート,ビデオ・アート,ホログラフィー・アート,コンピューター・アートなど多様な展開を示すテクノロジー支援型の表現を総括すべく生まれた用語。だが,第2次世界大戦後の美術において絵画や彫刻といった既成のジャンル区分が無意味になったのと同じく,表現手段として旧来からの素材やテクノロジーを組み合わせる作家が増えてきており,表現形式も表現傾向も千差万別の様相を呈している現在では,逆にこの総称の意味自体が曖昧になってきている。→インタラクティブ・アートビデオ・アートメディア・アート

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android