コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テミス テミス Themis

翻訳|Themis

6件 の用語解説(テミスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テミス
テミス
Themis

ギリシア神話の掟の女神。ウラノスガイアの結婚から生れたティタン神族の一員だが,ゼウスの妻となり,ホライモイライを産んだとされる。託宣の女神としての性格ももち,デルフォイの神託所をガイアから引継ぎ,アポロン譲り渡すまでその主であったともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テミス(Themis)

《掟の意》ギリシャ神話で、法の女神。ウラノスガイアの娘で、ゼウスの二度目の妻。また、予言の女神で、デルフォイに神託所をもち、アポロンにその術を授けた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テミス

ギリシア神話のウラノスガイアの娘,正義と掟(おきて)の女神。ティタン神の一人。神々を召集する役目をもち,一説にプロメテウスの母で,デルフォイでアポロン以前に神託を行ったとも。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テミス【Themis】

ギリシア神話で,秩序や正義をつかさどる女神。その名は〈置き定められたもの,掟〉の意。ヘシオドスの《神統記》によれば,彼女はウラノス(〈天〉)とガイア(〈地〉)の娘で,ゼウスの2番目の妻となって,ホーライ(〈季節〉),エウノミア(〈秩序〉),ディケ(〈正義〉),エイレネ(〈平和〉),モイライ(〈運命〉)の女神たちを生んだ。また悲劇詩人アイスキュロスでは,彼女はプロメテウスの母でもあり,デルフォイの神託所はかつて彼女のものであったとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

テミス【Themis】

ギリシャ神話の掟・秩序・正義の女神。ウラノスとガイアとの娘。ゼウスの二番目の妻。デルフォイに神託所を有し、アポロンに予言の術を授けた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テミス
てみす
Themis

ギリシア神話の女神。ティタン神の1人で、ゼウスの妻となってホーラ(季節)、モイラ(運命)、エウノミア(秩序)、ディケ(正義)、エイレネ(平和)を生むが、これらの擬人神の誕生は、おそらく最高神ゼウスの機能を示す縁起譚(たん)であろう。一説にはプロメテウスの母であるともいう。テミスとは「掟(おきて)、慣例」を意味し、その擬人化された神であるが、大地(ガイア)の異称とも考えられている。テミスは、ティタン神族とゼウスの戦いがゼウスの勝利となることを子のプロメテウスに教え、ティタンたちをゼウスに従うよう説得させたという。こうして彼女はティタン神族に属しながらもオリンポスの神々の一員となり、預言の女神となった。アポロンと交代するまでは、デルフォイの神託はテミスのものであり、またアポロンに預言の術を授けたのはテミスであったともいわれる。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のテミスの言及

【ギリシア神話】より

…このように形成された〈神々と人間どもの父〉ゼウスの宇宙的秩序こそギリシア的生がそこで営まれる枠組みにほかならない。ついで彼はテミスThemis(掟)をめとり,ホーライ(季節の女神たち),エウノミエEunomiē(秩序),ディケDikē(正義)などを生む。さらにデメテルによりペルセフォネを,レトによりアポロンとアルテミスとを得,最後にヘラと結婚し,彼女が正妻となる。…

【ギリシア神話】より

…このように形成された〈神々と人間どもの父〉ゼウスの宇宙的秩序こそギリシア的生がそこで営まれる枠組みにほかならない。ついで彼はテミスThemis(掟)をめとり,ホーライ(季節の女神たち),エウノミエEunomiē(秩序),ディケDikē(正義)などを生む。さらにデメテルによりペルセフォネを,レトによりアポロンとアルテミスとを得,最後にヘラと結婚し,彼女が正妻となる。…

※「テミス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テミスの関連キーワードエイレイテュイアギリシャ神話掌典高龗牧神録事埴安神《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テミスの関連情報