テューダー朝(読み)テューダーちょう(英語表記)Tudor

翻訳|Tudor

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1485〜1603
イギリスの絶対主義極盛期の王朝
ばら戦争に勝利したランカスター家のヘンリ7世(在位1485〜1509)を開祖とし,ヘンリ8世(在位1509〜47)・エドワード6世(在位1547〜53)・メアリ1世(在位1553〜58)・エリザベス1世(在位1558〜1603)に至る5代118年。この間に絶対王政が確立,イギリス国教会制度が創立され,イギリス−ルネサンスが開花し,またスペインの無敵艦隊を破るなど大海軍国として飛躍的な発展をとげた。さらにこの時代には,封建貴族の没落とともにジェントリ台頭ヨーマンの成立が見られる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android