コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テルチ Telc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テルチ
Telc

チェコ中南部,南モラビア州にある町。首都プラハとオーストリアのウィーンのほぼ中央に位置し,東西を結ぶ交通の要衝にあって中世から栄え,その時代の町並みをそのまま残している。 12世紀に干拓された沼地の高台に築かれた町の周囲には,外敵に備えてウリツキー,シュテプニツキー,シュタロメシツキーという三つの池が掘られている。 1530年の大火災で町の建物の大部分が焼失,再建にあたって,建物の正面を除きマルクト広場 (現中央広場) 周辺の建物をすべてルネサンス様式と初期バロック様式の規範にのっとったものとした。再建工事は 40年あまりの歳月を要したが,町全体としての調和と家ごとに意匠を凝らした豊かな個性をみごとに両立させた町並みが現在まで残っている。町の北側に 16世紀に建てられたルネサンス様式の城があり,「黄金の間」の格天井の装飾で有名。城の周辺には旧イエズス会の神学校と聖堂,後期ゴシック様式の聖ヤコブ聖堂がある。 1992年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

テルチ(Telč)

チェコ南部、プラハの南東約130キロメートルにある町。1530年の大火で焦土となるが、市長ザカリアスにより復興。その頃につくられたルネサンス様式の町並みは、1992年に「テルチ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

テルチ

チェコ南部にある町。14世紀末以降,町はかつての木造家屋が石造りに再建され,周囲に防壁がめぐらされ,濠(ほり)がつくられた。現在,ルネサンス様式の中央広場の周囲にはルネサンスやバロック様式の建物が並ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

テルチの関連キーワードホテルマネージメントインターナショナルスターウッド・ホテル&リゾートマリオット・インターナショナルマンダリン・オリエンタル香港レッド・プラネット・ジャパンヒルトン・ホテルズ[会社]カナディアン・パシフィックサンルートホテルシステムズマンダリン・オリエンタル東急ホテルチェーン[株]ザ・リッツ・カールトン日光レークサイドホテルイザドア シャープルートインジャパンニュースカイホテル東急ホテルチェーンサイモン クーパーシェラトン・ホテルリッツ・カールトン成田全日空ホテル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android