コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テルミドール9日(読み)テルミドールここのか

百科事典マイペディアの解説

テルミドール9日【テルミドールここのか】

フランス革命期の1794年7月27日(革命暦テルミドール9日),国民公会多数派がクーデタによってロベスピエール派を逮捕,処刑した事件。この事件によって山岳派独裁は倒され,革命は退行することになったため,〈テルミドールの反動〉とも呼ばれる。
→関連項目革命裁判所恐怖政治公安委員会(フランス)サン・ジュストジャコバン・クラブフーシェ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テルミドールここのか【テルミドール9日 le 9 Thermidor an II】

フランス革命期の1794年7月27日にロベスピエール派を失脚させた反動的なクーデタをいい,その日が共和暦(革命暦)第2年テルミドール9日に当たるのでこの名がある。93年6月から山岳派の独裁が始まり,議会(国民公会)内部の公安委員会に権力が集中され,恐怖政治がしだいに強化されていったが,94年初めから議会の内外で分派の争いが激しくなり,そのころ主導権を握っていたロベスピエール派は,まず左翼のエベール派を処刑し,次いで右翼のダントン派を処刑するにいたった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報