コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンジクネズミ Cavia porcellus; guinea pig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンジクネズミ
Cavia porcellus; guinea pig

齧歯目テンジクネズミ科。体長 25cm。南アメリカ原産の動物で,モルモットとも呼ばれ,実験用動物として広く医学,生物学の分野で飼育されている。頬歯は一生伸び続ける。尾は短いか,あるいはまったくない。毛色は品種によりさまざまで,また短毛,長毛,巻毛などの型がある。野生のものは群居性で,地中の穴にすむ。草食性。 (→齧歯類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

テンジクネズミ

モルモット

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンジクネズミ
てんじくねずみ / 天竺鼠
domestic Guinea pig
[学]Cavia porcellus

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目テンジクネズミ科の動物。南アメリカのコロンビアからガイアナにかけて肉用家畜として飼育されていたものが、16世紀中ごろにオランダ人によりヨーロッパに輸入され、わが国には19世紀中ごろに輸入された。原種は不明。別名をモルモットともいい、現在では、この名で実験動物として医学・生物学領域で広く使われている。英名は、体形と鳴き声がブタを連想させることに由来し、「ギニアのブタ」という意味であるが、ギニアはガイアナの誤りと思われる。一方、「モルモット」の語はオランダ語のmarmotjeの転化といわれるが、これはオランダ人が、本種をユーラシア北部山地に広く分布するリス科のマーモットmarmotと誤ったためと思われる。
 頭胴長25~35センチメートル、体重300~700グラム。無尾で四肢は短く、前足に4指、後足に3指がある。耳は小さくて丸く、鼻吻(びふん)は有毛。被毛から、光沢のある短毛のイングリッシュ、毛質粗剛で短毛のアビシニアン、粗剛長毛のペルビアンの3品種に分けられる。毛色は、白色、茶色、黒色、三毛色などさまざまで変化に富む。門歯(切歯)は白色、臼歯(きゅうし)は無根で一生伸び続ける。昼行性で、性質は温和。植物質のものを主食にし、飼育下では野菜、リンゴ、パンなどを食べる。固形飼料で飼育するときは、水を十分に与え、ビタミンCを添加する必要がある。妊娠期間は平均67日、普通1産3~4子を年数回出産する。新生子は開眼で、体重70~120グラムもあって、生後1~2時間で歩き始め、食事をとることができ、2か月で成熟する。寿命は4~5年であるが、8年の記録がある。[土屋公幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のテンジクネズミの言及

【モルモット】より

…別名テンジクネズミと呼ばれる尾のないずんぐりした姿の齧歯(げつし)目テンジクネズミ科の哺乳類(イラスト)。野生種は南アメリカのベネズエラ北西部からチリ中部に分布するチリテンジクネズミC.tschudiiと同一種ともいわれる。…

※「テンジクネズミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テンジクネズミの関連キーワードボンド((Thomas) Michael Bond)サンフランシスコ教会修道院ジョフロイネコマーモットナキウサギヌートリア新熱帯区急性毒性ケチュア実験動物カピバラグンディ壊血病マーラ天竺鼠生殖発情岩狸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テンジクネズミの関連情報