コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディッキンソン

百科事典マイペディアの解説

ディッキンソン

米国の女性詩人。ピューリタンの家に育ち,妻子ある牧師との恋に破れたのち,孤独のうちに数多くの短詩を書き続けた。これらは死後3巻の《全詩集》(1955年)にまとめられ,20世紀に入ってイマジズムの先駆として高い評価を受けるに至った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディッキンソン【Emily Elizabeth Dickinson】

1830‐86
アメリカの女流詩人。ニューイングランドのマサチューセッツ州アマーストに生まれ,一生独身で過ごした。その原因は州議員や連邦議員を務めた強い性格の父のためとも,失恋事件のためともいわれているが,当時の社会での女性としての自立のためとも考えられる。イギリスの女流詩人E.B.ブラウニングの生き方や詩に共鳴して,1775編余りの短詩を書いたが,その型破りの詩法は当時の詩風に合わず,1冊の詩集も出さないで世を去った。

ディッキンソン【John Dickinson】

1732‐1808
アメリカの政治家,弁護士。メリーランドに生まれ,フィラデルフィアで法律事務所を開き,18世紀のアメリカで最も著名な弁護士になる。タウンゼンド諸法に反対して著したパンフレット《ペンシルベニアの一農夫からの手紙》(1768)で全植民地的に名声を博し,イギリス議会への抗議運動になるが,アメリカの独立には最後まで反対した。独立宣言公布後は,ペンシルベニア州行政参議会長,連邦憲法制定会議代議員等を歴任。【五十嵐 武士】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のディッキンソンの言及

【アメリカ文学】より

…一人はポーで,詩,評論,アービングの流れを汲むゴシック・ロマンス末期型の短編や推理小説の元祖的作品を通じて,美と恐怖の宇宙を創成した。もう一人は生前まったく世に隠れて,きわめて私的な自己の世界を磨き,宝玉のような短詩に表現していったエミリー・ディッキンソンである。
[リアリズムの時代]
 南北戦争(1861‐65)から戦後の〈めっき時代〉にかけてアメリカ社会の広範さ,多様さが強く意識され,また人間性の概念が変化した。…

※「ディッキンソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディッキンソンの関連情報