コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディック・ミネ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ディック・ミネ

1908-1991 昭和-平成時代の歌手。
明治41年10月5日生まれ。テイチクにはいり,昭和9年「ダイナ」でデビューし,和製ジャズ歌手の草分けとなる。ヒット曲に「黒い瞳」「人生の並木路」「旅姿三人男」など。54年日本歌手協会会長。平成3年6月10日死去。82歳。徳島県出身。立大卒。本名は三根徳一。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

20世紀日本人名事典の解説

ディック・ミネ
ディックミネ

昭和・平成期の歌手



生年
明治41(1908)年10月5日

没年
平成3(1991)年6月10日

出生地
徳島県徳島市

本名
三根 徳一

別名
別名=峰 耕一

学歴〔年〕
立教大学商学部〔昭和7年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲四等旭日小綬章

経歴
学生時代は相撲部で活躍しながら、ジャズ・バンドハッピーナイン”を作る。卒後逓信省に入り、勤めながらスタジオ奏者を続ける。昭和9年テイチクに入社、「ダイナ」でデビュー、この録音では訳詞・編曲・ギターの弾き歌いなど一人で何役もこなす。ついで「黒い瞳」「二人は若い」「上海ブルース」「人生の並木路」「旅姿三人男」など次々とヒット。戦後の代表作に「夜霧のブルース」「長崎エレジー」「雨の酒場で」などがあり、レコードにした歌は1000曲を超える。日本ジャズ及び和製ポップスの草分けの一人。戦後はナツメロ歌手の総帥として大活躍、54年から平成元年まで日本歌手協会長を務めた。プレイボーイぶりでも知られた。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

ディック・ミネ
ディックミネ


職業
歌手

本名
三根 徳一

別名
別名=三根 耕一

生年月日
明治41年 10月5日

出生地
徳島県 徳島市

学歴
荏原中(旧制)卒 立教大学商学部〔昭和7年〕卒

経歴
父は各地の中学校長を歴任した教育家・三根円次郎。5人きょうだい(2男3女)の3番目の長男で、父の赴任先の徳島で生まれる。荏原中学から立教大学に進み、相撲部で活躍。バンカラ学生だったが、ある日学内で流れていたシンフォニーを耳にして女性にもてるために音楽を始めることを決め、立教大学交響楽団に入団。楽団には上原謙も所属していた。バイオリンを担当するが上達せず、ジャズに鞍替えしてジャズバンドのハッピー・ナインを結成。この頃、温泉地でシャムの男爵“バロンディックマーラー”と称していたずらをしたことがきっかけで、歌手デビューの際に“ディック・ミネ”を名乗った。卒業後、逓信省に入り、勤めながらスタジオ奏者を続け、昭和9年テイチクに入社。ディック・ミネの名で「ダイナ」で歌手デビュー。この録音では訳詞・編曲・ギターの弾き歌いなど一人で何役もこなし、大ヒットした。以後も「二人は若い」「人生の並木路」「旅姿三人男」など次々とヒットを飛ばし、楠木繁夫藤山一郎とともにテイチクを支えた。戦時中は芸名を三根耕一とした。日本ジャズ及び和製ポップスの草分けの一人で、戦後の代表作に「夜霧のブルース」「長崎エレジー」「雨の酒場で」「火の接吻」などがある。54年から平成元年日本歌手協会長。プレイボーイぶりでも知られた。

受賞
勲四等旭日小綬章

没年月日
平成3年 6月10日 (1991年)

家族
息子=三根 敬男(元ロカビリー歌手),三根 信宏(ギタリスト)

伝記
日本ジャズの誕生小沢昭一的流行歌・昭和のこころ赤いグラスのいい出逢い昭和のすたるじい流行歌(はやりうた)―佐藤千夜子から美空ひばりへあばよなんて、まっぴらさ!歌も女も、生涯現役 瀬川 昌久,大谷 能生 著小沢 昭一,大倉 徹也 著牧野 昭一 著塩沢 実信 著ディック・ミネ 著(発行元 青土社新潮社総合企画,メディアパル〔発売〕第三文明社東都書房,講談社〔発売〕 ’09’03’97’91’86発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について | 情報

ディック・ミネの関連キーワード[各個指定]芸能部門スペースシャトル飛行記録ケビン コスナー国木田独歩監獄法新聞小説トルクメニスタン道浦母都子ユーゴ紛争ボスニア・ヘルツェゴビナ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディック・ミネの関連情報