コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能生 のう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能生
のう

新潟県南西部,糸魚川市東部の旧町域。西頸城丘陵を開析する能生川流域に位置し,日本海に面する。 1889年町制。 1954年能生谷村,磯部村,木浦村の3村と合体。 2005年糸魚川市,青海町と合体して糸魚川市となる。中心集落の能生は旧北陸街道 (現国道8号線) の宿場町,漁港として発展。主産業は漁業,米作,野菜栽培,山間地での林業。漁業は小泊港を根拠地とする沿岸漁業。地すべりの起こりやすい地域。古社の白山神社は,国の重要文化財の本殿,国の天然記念物社叢などをはじめ社宝を多く所蔵し,舞楽は国の重要無形民俗文化財に指定されている。ヒメハルゼミ発生地は国の天然記念物。一部地域は妙高戸隠連山国立公園久比岐県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

能生

新潟県糸魚川市にある道の駅。国道8号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能生
のう

新潟県南西端、西頸城(にしくびき)郡にあった旧町名(能生町(まち))。現在は糸魚川(いといがわ)市の北東部を占める地域。旧能生町は1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)能生谷(のうだに)、木浦(このうら)、磯部(いそべ)の3村と合併。2005年(平成17)糸魚川市に合併。えちごトキめき鉄道(旧、JR北陸本線)と国道8号が通じる。旧町域は西頸七谷(せいけいななたに)の一つである能生谷の農山村と、旧北陸道沿いの西浜漁村から構成され、農山村部は七谷の名物である崩壊性地すべりの多い所で、筒石駅は地下駅になっている。沿岸の能生地区は古くからの北陸街道の宿場町、これに続く小泊(こどまり)は西浜漁業の中心漁港で、県立能生水産高校がある。夏は海水浴場としてにぎわい、道の駅マリンドーム能生にはベニズワイガニの直売店もある。白山(はくさん)神社は奴奈川姫(ぬなかわひめ)を祀(まつ)る総鎮守で、本殿・木造聖観音(しょうかんのん)立像は国の重要文化財に、神社社叢(しゃそう)・ヒメハルゼミの発生地は天然記念物に指定されている。[山崎久雄]
『『能生谷村誌』(1954・能生谷村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

能生の関連キーワードウェルナー(Zacharias Werner)糸魚川市能生歴史民俗資料館新潟県糸魚川市能生小泊ドッグマンノーライフ糸魚川・能生の舞楽新潟県糸魚川市能生ハタハタ(鰰∥鱩)シーボルトコギセル新潟県糸魚川市ディック・ミネ水島 道太郎榎本 美佐江頸城トンネルSOPHIA糸魚川(市)仲宗根美樹中村 芳男富島 健夫北原 謙二玉川 良一

能生の関連情報