コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディヤルバクル Diyarbakır; Diyarbekir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディヤルバクル
Diyarbakır; Diyarbekir

トルコ南東部にある都市で,ディヤルバクル県の県都チグリス川右岸に位置する。古くはアミダ Amidaと呼ばれ,3世紀にローマ植民地となったが,ペルシアとの争奪の的であった。のちビザンチン領となり,639年頃アラブの手に渡った。1516年にオスマン帝国の支配下に入り,往時の繁栄を回復した。ペルシア国境に近く,軍事的に重要であり,今日でも旧市街は全長約 5kmに及ぶ多数の塔のある黒い玄武岩城壁で囲まれている。城壁とヘブセル庭園の文化的景観は 2015年,世界遺産の文化遺産に登録された。毛織物綿織物と銅製品の製造が行なわれ,金銀の細金細工は昔から有名である。農業は特にスイカの生産が知られる。首都アンカラとは鉄道と空路で結ばれ,国内の主要都市,シリアのアレッポ,イラクのモースルとはハイウェーが通じている。人口 89万2713(2013推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ディヤルバクル(Diyarbakır)

トルコ南東部の都市。チグリス川上流部に位置する。クルド人が大半を占める。古くから交通の要衝で商業が盛ん。古代アルメニア王国の首都があった場所で、古代ローマ時代にはアミダ、7世紀のアラブ人支配の下ではアーミドと呼ばれた。16世紀にオスマン帝国領となり現名称で呼ばれるようになった。旧市街は、古代ローマから東ローマ帝国時代に築かれた全長5.5キロメートルに及ぶ長大な城壁に囲まれ、アナトリア最古のイスラム寺院神学校がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ディヤルバクル

トルコの南東部の都市。ティグリス川上流部の右岸に位置する。古くはアミダと呼ばれていた。3世紀頃にローマの植民地となり,7世紀中頃にアラブの支配下に入った。1527年にオスマン帝国領となり,ペルシアに対する軍事拠点として重要視された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディヤルバクル【Diyarbakır】

トルコ南東部,ティグリス川上流のジャジーラ地方の都市。ティグリス川右岸,標高660mに位置する同名県の県都。人口44万8000(1994),都市域人口70万8000(1994)。古くはアミダAmidaとよばれ,アラビア語ではディヤール・バクルDiyār Bakr。230年にローマの植民地となり,その後7世紀中ごろアラブの支配下に入った。1527年オスマン帝国領となり,イランサファビー朝に対する軍事拠点として重視された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディヤルバクル
でぃやるばくる
Diyarbakir

トルコの小アジア半島南東部にある内陸都市。ディヤルバクル県の県都。ジヤルベキールともいう。ティグリス川(トルコ名ディジュレ川)右岸沿いの段丘上に位置する。人口54万5983(2000)。商業、陸上交通の要衝で、空港もある。アミダAmidaの名で紀元前3000年にさかのぼる歴史をもち、その後ミタンニ、アッシリア、ペルシア、ローマ、パルティア、ビザンティンなどの国に相次いで支配され、1515年以来オスマン帝国領となった。旧市街は周囲を5.5キロメートルにわたって城壁で囲まれているが、その起源は前349年のローマ皇帝コンスタンティヌスの命令によるという。内城やウル・ジャミー(大モスク)などの史跡がある。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のディヤルバクルの言及

【アミダ】より

…ティグリス川上流東岸の古代都市。現トルコ領ディヤルバクル。ペルシア領から230年にローマ帝国領。…

※「ディヤルバクル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディヤルバクルの関連キーワードシェイヒ・サイトの乱ジヤ・ギョカルプアク・コユンル朝ジヤ・ギョカルプチャユニュー遺跡ルステム・パシャウズン・ハサンジャルベキールイスケンデルンマルワーン朝サファモスクアルトゥク朝マラティヤウルモスクギョカルプハラフ期シイルト黒羊朝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディヤルバクルの関連情報