コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディンギー ディンギー dinghy

5件 の用語解説(ディンギーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディンギー
ディンギー
dinghy

艇長が 5mぐらいまでの,マスト1本の船室をもたない小型ヨットの総称。1人乗りや2人乗り,双胴船型 (カタマラン) ,1枚帆 (キャトリング) や2枚帆 (スプール) などがある。もともとは海軍の艦船に搭載され,艦船間の連絡や陸上との行き来のために利用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ディンギー(dinghy)

ヨットの一種。マスト1本、帆1枚で長さ4メートル程度の小型のもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ディンギー

最も小型の競走用ヨット。元来ヒンディー語で〈小船〉のこと。帆装様式は1本マストのキャットリグ型。操縦は簡単で高速が得られる。国際モノタイプ12フィートディンギーが代表的なもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ディンギー【dinghy】

ヒンディー語源で小舟のこと。海事用語としては1対のオールを備えた小型の船載ボートで,小人数の上陸など軽便な作業に使う。日本語の伝馬に当たる。ディンギーに帆とセンターボードを着けた小型ヨット第1次世界大戦後おおいに普及し,オリンピック種目にもなった。現在では軽量で洗練された船体と高性能の帆をもつ俊足のレーシングディンギーがスポーツヨットの大きな部分を占め,そのクラスも世界で数百種を数える。【野本 謙作】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ディンギー【dinghy】

ヨットの一。小型で、甲板のないもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディンギーの関連キーワードウルドゥー語ヒンディー語ヒンディー文学ヒンドゥスターニー語アンディーブ三ディートレンディーインド[国]サラスワティーヒンディー・ベルト

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディンギーの関連情報