コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディールス Diels, Hermann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディールス
Diels, Hermann

[生]1848.5.18. ビーブリヒ
[没]1922.6.4. ベルリン
ドイツの古典文献学者,哲学史家。 1886年ベルリン大学教授。ギリシア哲学の文献の校訂,注釈の仕事が多く,特にソクラテス以前の哲学史研究で有名。主著『パルメニデス』 Parmenides (1897) ,『ヘラクレイトス』 Herakleitos (1901) ,『ソクラテス以前の哲学者断片集』 Die Fragmente der Vorsokratiker (3巻,03) 。

ディールス
Diels, Otto Paul Hermann

[生]1876.1.23. ハンブルク
[没]1954.3.7.
ドイツの有機化学者。ベルリン大学の E.フィッシャーのもとで学び,ベルリン大学教授 (1914) ,キール大学教授 (16~45) を歴任。 1906年,きわめて反応性の高い亜酸化炭素 (無水マロン酸) を発見し,この性質と化学組成を決定した。また金属セレンを使って,種々の有機分子の水素を除去する脱水素反応の簡単な方法を発見した。彼の最も有名な研究は弟子の K.アルダーと共同で発見したジエン合成であり,現在ディールス=アルダー反応として知られる。この反応により,炭素・炭素二重結合を2個有するジエンから多くの有機化合物を合成し,得られた化合物の分子構造を解明し,この反応が合成ゴムやプラスチックの製造に特に重要であることを示した。アルダーとともに 50年ノーベル化学賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ディールス

ドイツの有機化学者。E.フィッシャーに学び,1916年キール大学教授。亜酸化炭素C3O2を発見。有機合成化学に多くの業績を残し,特にディールス=アルダー反応(ジエン合成)の発見は有名。
→関連項目アルダー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディールス【Hermann Diels】

1848‐1922
ドイツの古典文献学者。H.ウーゼナーの下で学び,のちベルリン大学教授となる。ギリシア古代哲学,ギリシア医学を専門とする。《ギリシア医学集成》や《ギリシア語アリストテレス注釈》26巻(1882‐1909)の刊行に指導的役割を果たした。しかし本領はソクラテス以前の哲学史研究で,《ギリシア学説誌家》(1879),《前ソクラテス期哲学者断片》3巻(1903‐10)は画期的研究として,今日においてもなお根本的研究にとって重要な業績である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ディールス【Otto Paul Hermann Diels】

1876~1954) ドイツの有機化学者。ジエンの合成法を K =アルダーとともに発見。1950年、共にノーベル化学賞受賞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディールス
でぃーるす
Otto Paul Hermann Diels
(1876―1954)

ドイツの有機化学者。1月23日ハンブルクの生まれ。ベルリンで化学を学び学位取得(1899)、E・フィッシャーに学び、ベルリン大学準教授(1914)、キール大学教授(1916~1948)。おもな業績には以下のようなものがある。(1)マロン酸の水素化による亜酸化炭素の発見とその性質について(1906)、(2)コレステリンや胆汁酸など炭化水素をセレンにより脱水素し、ディールスの炭化水素C18H16を導き(1935)、ステリンの炭素骨格の構造研究に貢献、(3)ディールス‐アルダー反応として知られるジエン合成(1928年より弟子アルダーとともに研究着手)の方法を大成し、付加反応の性質の解明や、環状化合物の合成や、共役二重結合を分析的に測定する方法に役だてた。これによって、各種の重合が行われ、化学工業や香料工業の発達が促され、1950年、アルダーとともにノーベル化学賞を受けた。3月7日、キールで没した。[岩田敦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ディールス

生年月日:1848年5月18日
ドイツの古典文献学者,哲学史家
1922年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ディールスの関連キーワードオットー・P.H. ディールスディールス=アルダー反応ウッドワード=ホフマン則フラン(複素環式化合物)アルダー‐シュタイン則ジフェニルアセチレンシクロペンタジエンアクリロニトリル無水マレイン酸K. アルダー複素環式化合物共役二重結合オキサゾール付加反応環状付加ドリン剤付加環化生年月日フラン閉環

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android