コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デコーダー でこーだー

6件 の用語解説(デコーダーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デコーダー

エンコードされたデータを元の形式に戻すためのソフトウェアハードウェアデジタルの音のデータをアナログ信号に変換するD/Aコンバーターなどがこれに当たる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

デコーダー

デコードを行うプログラムや機器のことです。
⇨エンコーダーデコード

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デコーダー(decoder)

デジタルデータを元のアナログ信号に戻し、人間、あるいは他の機器に適した形式に変換(デコード)する装置や回路。また、コンピューターで、エンコーダーによって変換されたデータを一定の規則に従って元のデータに変換したり、解凍復号したりするソフトウエアを指す。復号器。解読器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

デコーダー【decoder】

ある一定の規則に従って別の形式に変換されたデータを元に戻すためのソフトウェアやハードウェア。圧縮されたファイル暗号化されたデータ、文字コードなどを元に戻す(デコードする)ために用いられる。⇔エンコーダー ◇「デコーダ」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

デコーダー【decoder】

復号器とか解読器とも呼ばれる。複数個の入力端子と複数個の出力端子とをもつ論理回路で,入力端子にある組合せの二進ディジタル信号が加えられると,その組合せに対応する一つの出力端子に信号が現れるもの。エンコーダー(符号器)の機能の逆の機能をもつ。図は二進符号を十進符号に変換するもっとも基本的で代表的なダイオードマトリックスゲートで,入力情報(肯定と否定)の論理積(AND)が対応する十進数になるように10個のANDゲートが組み合わされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デコーダー【decoder】

符号化されているデータをもとの形あるいは他の形に変換する装置。復号器。解読器。 → エンコーダー

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デコーダーの関連キーワードエンコーダーコーデック復号生物化学兵器茶器デルタ変調篳篥∥觱篥弥生町遺跡解読器復号器

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デコーダーの関連情報