コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デスピオ Despiau, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デスピオ
Despiau, Charles

[生]1874.11.4. モンドマルサン
[没]1946.10.28. パリ
フランスの彫刻家。 15歳頃から彫刻家を志し,1891年パリに出て,装飾美術学校とエコール・デ・ボザールに学ぶ。 1907年のサロンに出品した少女の胸像『ポーレット』がロダンに認められ,以後7年間ロダンの助手として働く。女性の裸像,青年像,胸像に主題を限り,端正で典雅な古典的造形により,憂愁を内に秘めた現代的感性を表現した。代表作は『ドラン夫人』 (1923~26) の連作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

デスピオ(Charles Despiau)

[1874~1946]フランスの彫刻家。ロダンに認められて石彫の助手となる。のち、古典的で静穏な作風を示した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

デスピオ

フランスの彫刻家。モン・ド・マルサン生れ。奨学金を得てパリの装飾美術学校,次いで国立美術学校に学ぶ。1898年サロンに初出品。1907年《ポーレット》でロダンに認められ,助手になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デスピオ
ですぴお
Charles Despiau
(1874―1946)

フランスの彫刻家。モン・ド・マルサンに生まれる。1891年パリに出て装飾美術学校と美術学校に学んだのち、彫刻家リュシアン・シュネッグ(1864―1904)に師事。サロン出品作『ポートレート』で認められ、1907年から14年までロダン晩年の助手をつとめた。しかし、ロダンの情念的な装飾表現からは離れ、単純化した面の構成による静謐(せいひつ)な造形を追求し、ギリシアの古典に学びながらも、近代的な知性を感じさせる。絵葉書の着色などで生計をたてながら、近所の人たちをモデルに制作した『ドラン夫人』『クラクラ』など滋味あふれる肖像のほかに、晩年には『アッシア』などの大作も手がけた。[三田村右]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デスピオの関連キーワードテラコッタデュスピオロルジュ菊池一雄

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android