コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デトロイト デトロイト Detroit

翻訳|Detroit

8件 の用語解説(デトロイトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デトロイト
デトロイト
Detroit

アメリカ合衆国ミシガン州南東部の工業都市シカゴの北東約 400kmに位置する。 1701年フランス人が毛皮取引を広めるために入植。 60年イギリスに占領され,83年合衆国領となった。 1805年ミシガンテリトリーの首都となったが,火事で全焼。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

デトロイト

米ミシガン州にある都市。07年の人口は約91万6千人。五大湖の水運に恵まれ、20世紀初めから自動車産業が栄えた。「モータウン(自動車の町)」の愛称を持つ。市内と近郊に米自動車最大手のゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モータークライスラーの「ビッグ3」が本社を置く。トヨタ自動車本社のある愛知県豊田市姉妹都市

(2009-02-02 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デトロイト(Detroit)

米国ミシガン州南東部の工業都市。五大湖工業地帯の中枢で、自動車工業が盛ん。人口、行政区91万(2008)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デトロイト

米国,ミシガン州の工業都市。エリー湖ヒューロン湖を結ぶセント・クレア湖およびデトロイト川に臨む。五大湖の水運により,鉄鉱石,石炭産地と結ばれ,鉄鋼・自動車工業が発達。
→関連項目アクロンウィンザー(カナダ)ディアボーンフリントミシガン[州]ロムニー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デトロイト【Detroit】

アメリカ合衆国ミシガン州の商工業都市。人口99万2000(全米10位,1994),大都市域人口431万(1992)。市名はフランス語で〈海峡〉を意味する。州南東部に位置し,エリー湖とセントクレア湖を結ぶデトロイト川を隔ててカナダウィンザーに対する。世界有数の自動車工業都市として知られ,〈モーターシティMotor City〉とも呼ばれる。 1701年フランス人キャディラックが交易所を建設,96年に合衆国領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デトロイト【Detroit】

アメリカ合衆国、ミシガン州南東部にある都市。フォード・ゼネラルモーターズ・クライスラーなどの自動車会社がある。水陸交通の要衝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

デトロイト

米国南東部にある都市。総面積370.2平方キロメートル。1903年、この地にヘンリーフォードがフォード・モータースの工場を設営。08年にはゼネラルモーターズ、25年にはクライスラーが誕生し、これら「ビッグ3」と呼ばれた企業を核に自動車工業都市として発展した。50年にデトロイト市の人口は200万人近くにまで膨れ上がったが、70年代より日本製自動車の台頭が著しくなり、市街地からの人口流出が加速し、治安悪化が進んだ。市は97年に六つの高層ビルからなるルネッサンスセンターを完成させるなど大規模な都市再生策を進めたが、2009年にはゼネラルモーターズとクライスラーが経営破綻。2000年以降12年までに市の失業率は3倍になり、事件解決率は全米平均の30.5パーセントに対し、わずか8.7パーセント。人口は70万人にまで減少した。13年7月18日、財政破綻した同市は、連邦破産法9条に基づく更生手続きを申請した。負債規模は180億ドル超。米国の地方自治体の財政破綻としては過去最大となる。

(2013-7-22)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デトロイト
でとろいと
Detroit

アメリカ合衆国、ミシガン州南東部の最大都市。人口95万1270、大都市圏人口545万6428(2000)。ミシガン州が成立した1837年から47年まで州都であった。市名は、1701年にフランス人キャデラックが毛皮取引の拠点とするためここに砦(とりで)を築き、後援者の名にちなんで命名したことによる。セント・クレア湖、エリー湖、セント・ローレンス水路を結ぶデトロイト川に沿って位置し、水陸交通の要地であった。1817年、五大湖で最初の蒸気船がデトロイト―バッファロー間に就航し、1830年代には鉄道網の敷設が進んだため、穀物の集散や造船業などでにぎわった。また、同市は自動車産業のメッカとして有名である。1896年、チャールズ・キングが自作の自動車をデトロイトの街で走らせてから、デトロイトの新しい時代が始まった。同年、ランサム・イリー・オールズとヘンリー・フォードの2人は、それぞれの小さな機械工場で、ガソリンを動力とする自動車を完成した。4年後にオールズは1400台もの自動車を売り、フォードは1903年に会社を創立、08年には史上最大の人気を得たT型フォードを完成し、27年までに1500万台を製造した。「モーター・シティ」の名をさらに不動のものとしたのは、1914年1月5日、フォード社が動くライン方式の工場を完成し、1日5ドルの賃金(当時の一般賃金の約2倍)を払うと発表し、翌日には1万人を超える労働者が押し寄せてからである。今日でも、自動車産業の主要企業であるゼネラル・モーターズ(GM)、フォードがデトロイト大都市圏内に本社を置いている。なお、クライスラーは1998年にドイツのダイムラー・ベンツと合併しダイムラー・クライスラーとなったが、現在もデトロイト大都市圏内にアメリカ本社を置く(登記上の本社はドイツのバーデン・ウュルテンベルク州シュトゥットガルト)。
 20世紀中ごろまで、デトロイトはアメリカの繁栄の象徴であったが、その後事態が変わる。1950年、人口は185万で全米第5位にあったが、70年代には第6位に下がり、80年の人口は120万に減少した。2000年の国勢調査では100万を切り、全米第10位である。また、第二次世界大戦後の景気後退によって、南部から多くの失業したアフリカ系アメリカ人が流入を続け、黒人人口は1960年には29%、70年には44%、80年には63%と急上昇し、73年にはアフリカ系アメリカ人のコールマン・ヤングが市長に当選した。1967年には貧しいアフリカ系アメリカ人による人種暴動が起こり、43人が死亡、7000人が逮捕された。この事件以後、白人は郊外へ移り住み、さらにアフリカ系中産階級の流出も続き、市は合衆国最大のアフリカ系住民が暮らす都市となった。
 1973年のオイル・ショック以後の小型車ブームと、日本車など外国産輸入車の激増によって、1908年の創業以来、一度しか損失を出したことのなかったGM社ですら、80年には7億6300万ドルもの赤字を出し、ミシガン州の自動車生産は1978~80年の間に40%も減少した。失業率も急増し(82年夏には20.5%を記録)、市財政も破産に直面した。この間、市長ヤングは、この危機的状況を打開するため、いくつかの再建政策を進めた。その一つは再開発事業で、1977年には3億5000万ドルを投じたルネサンス・センター(レンセン)が完成し、73階建てホテルを含む高層建築が都心の景観を一変させた。また経済再建のために、クライスラー社とGM社の新工場に公的資金を拠出する一方、81年には4000人の市職員を削減し、税制を改革するなど思いきった施策を展開した結果、82年からようやく市は財政破綻(はたん)から脱出する方向をみいだした。
 市はミシガン州の金融、教育、文化の中心としても伝統があり、ウェイン州立大学は水準の高い大学として知られ、近くにはデトロイト美術館、歴史博物館がある。郊外のディアボーンはフォード本社の所在地であり、フォード博物館と歴史的建築群が並ぶグリーンフィールド・ビレッジが併設されており、訪れる観光客も多い。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デトロイトの関連キーワードアラバマタムガディアルベールビルカタンガ撒馬児干備前古代ティラ遺跡ドゥラットアルバーレーンライムロックムンク・サルディク[山]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デトロイトの関連情報