コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デロス島 デロスとうNēsos Dēlos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デロス島
デロスとう
Nēsos Dēlos

ギリシア,エーゲ海南部,キクラデス諸島中部の島。現代ギリシア語読みでディロス Dhílos。アテネの東南東約 150kmにある花崗岩からなる面積 3km2の小島で,東のミコノス,西のリニア (大デロス) 両島に挟まれて位置する。現在ほとんど人が住んでいないが,古代には宗教,政治,商業の中心地として繁栄した。前3千年紀末から人が住み,前 10~9世紀にはイオニア人レト祭祀をもたらした。これによると,ヘラに迫害され出産の場所を見つけられずに苦しんでいたレトに,この島が場所を提供し,レトはアポロンアルテミスを無事に産むことができたという。アポロン信仰の中心地となり,前5世紀アテネの勢力下に入り,アテネを盟主とするデロス同盟の中枢をなす財務局がここに置かれた。ローマ時代に自由港となり交易で繁栄したが,前 88年ポントス王ミトラダテス6世の軍隊に攻撃され,数千人が虐殺され,その後も海賊に襲われるなどして人口が激減。2世紀後半に活躍したパウサニアスの旅行記にはすでに,ほぼ無人島であることが記されている。中世にはベネチア人やトルコ人により建築資材が切り出された。 1873年以来発掘が進められ,有名なアポロンの巨像の断片や大理石のライオン列像が出土したのをはじめ,デルフィ (古代名デルフォイ ) やオリンビア (同オリュンピア ) に匹敵する多数の遺構が発掘され,1990年世界遺産の文化遺産に登録。ミコノス島からの船便で訪れる観光客が多い。人口 16 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

デロス‐とう〔‐タウ〕【デロス島】

DēlosΔήλος》ギリシャ南東部、エーゲ海にある小島。現代名ディロス島。キクラデス諸島に属し、ミコノス島とシロス島の間に位置する。ギリシャ神話の神アポロンアルテミスの生誕地であり、古代ギリシャの宗教や海上交易の中心地として栄えた。アポロン神殿をはじめとする数多くの遺跡があり、1990年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産詳解の解説

デロスとう【デロス島】

1990年に登録されたギリシアの世界遺産(文化遺産)。デロス島は、エーゲ海に浮かぶギリシア領のキクラデス諸島にある小さな島で、紀元前5~前2世紀の古代ギリシア、古代ローマ時代にわたる遺跡が世界遺産として登録されている。デロス島はギリシア神話では主神ゼウスと女神レトとの間に生まれた双子の兄妹アポロンとアルテミスの生誕地とされていることから、同国のデルフィ(世界遺産)に次ぐ聖地として栄えた。また、歴史的にはアケメネス朝ペルシアを打ち破ったサラミス海戦の後、アテネを盟主として結ばれた都市国家(ポリス)同盟の「デロス同盟」の本部が置かれたことでも有名である。デロス島は、ギリシアがマケドニアにより統一されてからも、宗教的、芸術的、商業的な中心地として繁栄した。こうしたことから、コンピターレスのアゴラ(市場・広場)、アポロン神殿、アルテミス神殿、ライオンの回廊、デロスの神殿、聖なる湖(現在は埋め立てられ草原になっている)や劇場などの遺跡が残っている。◇英名はDelos

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デロス島
でろすとう
Delos

ギリシア南東部、エーゲ海のキクラデス諸島に含まれる小島。ミコノス島とその西のシロス島との間にある。現代ギリシア語ではディロスDhlosと発音する。面積3.4平方キロメートル。食堂・宿泊施設関係者以外に居住者はない。小デロスMikra Delosとよばれて、西側にある大デロスMegale Delos(古称レネイアReneia、現代ギリシア語の発音ではリニアRinia島)と区別される。岩がちな不毛の地で、最高点は133メートル。古代ギリシアにおけるエーゲ海の政治、宗教、商業の中心地。今日ではその遺跡を巡る観光地となっている。1990年には世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[真下とも子]

歴史

アポロンとアルテミス神の生誕地として崇(あが)められ、さまざまの神話に富んだこの島には、古くミケーネ時代の神域も確認されている。デロス島のヤシの木は有名で、『オデュッセイア』をはじめとして『アポロン賛歌』やエウリピデスの『ヘカベ』『イオン』など幾多の作品に歌われており、文学的に大きな影響を与えている。トゥキディデスによると、最初カリア人が住んでいたが、彼らはクレタのミノス王により追放されたと伝えられている。紀元前1000年ごろ、ギリシア本土からの植民者たちが定住したと考えられているが、歴史にこの島が登場するのは前8世紀ごろからで、イオニア人やデロス島周辺の島々の住民が集いアポロンを祝う盛大な祭典が挙行される地として知られていた。前6世紀、ペイシストラトスやポリクラテスなどの僭主(せんしゅ)もデロス島にかかわりをもった。前者は島の清めを行い、後者はデロス島から手の届く所にあるレネイア島を支配すると島をアポロンに奉納している。しかし、とくに有名なのは、ペルシア戦争後にデロス同盟が結成されたおり、最初、その資金がこの島に置かれたことである。以後中断はあったが、おおむね前314年までアテネの支配を受けた。
 ヘレニズム時代には東地中海の商業中心地として繁栄したが、とくにローマ支配下の前166年に自由市となってからいっそう発展し、ローマの奴隷制の進展と呼応して、奴隷売買の一大中心地となった。だが、前88年、ミトリダテス6世の軍隊の侵入により急速に衰微した。加えて、カエサルがコリントに設立したローマ植民市が、交易ルートの変化をもたらし、デロス島の繁栄のもとは完全に断たれた。なお、1873年以来フランスが遺跡の発掘を続行しており、アポロン神殿などを発見して大きな成果をあげている。[真下英信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デロス島の関連キーワードクラブ[古代ギリシア・ローマ]キクラデス[諸島]モザイク(美術)ヒュペルボレオイ立方体倍積問題ヒペルボレオイナクソス[島]ミコノス[島]ギリシア美術アルケルモスセレウコス朝ミュカレの戦デロスの問題カリクラテスディロス島ベリツス奴隷制考古学