デートン(英語表記)Dayton, Jonathan

  • Dayton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1760.10.16. ニュージャージーエリザベス
[没]1824.10.9. ニュージャージー,エリザベス
アメリカの法律家,政治家,軍人。独立戦争中,大陸軍の兵士として従軍 (1776~83) 。 1783年陸軍大尉となった。大陸会議代表 (87~89) となり,最も若い連邦憲法署名者となった。ニュージャージー選出連邦下院議員 (91~99) ,同議長 (95~99) 。連邦上院議員 (99~1805) 。 1807年に A.バー陰謀共犯者として起訴されたが,保釈されて事なきを得た。財産家で,北西部に広大な土地をもち,その地方にできたオハイオ州デートン市は彼の名前に由来する。
アメリカ合衆国,オハイオ州南西部,シンシナティ北東にある都市。 1795年にインディアンのショーニー族との和平が成立して以後開拓が始り,1805年に町制施行。 28年シンシナシティとデートンを結ぶマイアミエリー運河開通により急速に発展し,41年に市制をしいた。 1903年にはライト兄弟がライト航空会社を設立したことによりこの町が航空の発祥地となった。 13年の大水害に刺激されて大規模な治水事業が行われ,22年に完成。デートン・プランは治水事業のモデルとなった。第2次世界大戦中に国立航空実験所が設立され,戦後ライト=パターソン空軍基地が建設されたことから,多くの航空関係の研究機関が集中している。自動車部品,冷蔵庫,コンピュータ,印刷などの工場が立地。市の内外にはデートン大学 (1850創立) ,ライト州立大学 (1967) ,デートン美術学校,空軍技術学校,航空博物館などがある。人口 14万1527(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アメリカ合衆国オハイオ州南西部の都市。人口17万9000(1994),大都市域人口96万(1992)。オハイオ川の支流グレート・マイアミ川に臨む。1796年に創設され,農業地帯に位置する河港として発展し,シンシナティとトリードを結ぶマイアミ運河の完成によってその重要性を増した。発明家ライト兄弟の町として知られ,航空機研究の中心地であるほか,機械,化学などの工業が立地する。1913年の大洪水をはじめとして,しばしば洪水に見舞われてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デートンの関連情報