コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥアト トゥアト Touat

2件 の用語解説(トゥアトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥアト
トゥアト
Touat

サハラ砂漠,アルジェリア領中央部のサウーラ地方にあるオアシス群。狭義にはメサウド涸れ谷の東側にアドラル (オランの南約 860km) を中心として南北 120kmにわたって連なる 135のオアシスをさすが,広義には,北西方のサウラ涸れ谷に沿って連なるオアシスや東方のインサラーティムミンなどを含み,その延長は 600kmにも達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トゥアト【Touat】

北アフリカのサハラ砂漠北西部,現在のアルジェリア中部にあるオアシスの町。サハラを越えての交易路の,とくにトンブクトゥからカルタゴトリポリへ向かう交易路の中継地として,長い間重要な町であった。北アフリカからの衣類や装身具,サハラの岩塩と引換えに,サハラの南から金や奴隷が運ばれてきた。15世紀,ヨーロッパ人にとっては伝説化された風聞だけで到達できなかった黄金の帝国マリや,その大交易都市トンブクトゥについての情報を得るために,ジェノバの商人マルファンテAntonio Malfante(1410ころ‐50ころ)がトゥアトに潜入した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トゥアトの関連キーワードサハラ砂漠サハラブラックアフリカホワイトアフリカサブサハラアフリカタウデニサハラ砂漠の秘密アフリカのHIVサブサハラアフリカのHIV感染者

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone