コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥイニャーノフ Tynyanov, Yurii Nikolaevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥイニャーノフ
Tynyanov, Yurii Nikolaevich

[生]1894.10.18. ラトビア
[没]1943.12.20. モスクワ
ソ連の小説家,評論家。初めレフ (芸術左翼戦線) の同人として出発し,『ドストエフスキーゴーゴリ』 Dostoevskii i Gogol' (1921) ,『詩的言語の問題』 Problema stikhotvornogo yazyka (24) ,論文集『擬古主義者と革新者』 Arkhaisty i novatory (29) などの著作を発表。また豊富な学識を利用して伝記小説を試み,『キュフリャ』 Kyukhlya (25) ,A.グリボエードフを描いた『ワジル=ムフタルの死』 Smert' Vazir-Mukhtara (27~28) ,未完の大作『プーシキン』 Pushkin (36~43) を書いた。ほかに短編『キージェ少尉』 Podporuchik Kizhe (28) もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トゥイニャーノフ

ロシア(ソ連)の批評家,小説家。フォルマリスト(ロシア・フォルマリズム)の一人であり,1924年の《詩的言語の問題》で従来の手法と素材という概念に代えて,より機能的な構成と志向という概念から詩作品を分析した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゥイニャーノフ【Yurii Nikolaevich Tynyanov】

1894‐1943
ソ連邦の作家,文芸学者。ビテプスク県レジツァ市(現,ラトビア共和国レゼクネ市)の医者の家に生まれる。1912‐18年ペテルブルグ大学文学部に学ぶ。ベンゲロフS.A.Vengerovのプーシキン演習から,のちにフォルマリズムで知られる〈オポヤーズ〉のグループ,シクロフスキーエイヘンバウムらが出たが,彼もその一人で,大学に残ってロシア文学研究を行い,1921年《ドストエフスキーとゴーゴリ,パロディの理論》を出し,21‐30年芸術史学院で詩の講義を続けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トゥイニャーノフ【Yurii Nikolaevich Tynyanov】

1894~1943) ソ連の文芸学者・作家。ロシア-フォルマリズムを代表する理論家の一人で、ロシア作家に関する論考が多い。また歴史小説も書いた。評論集「擬古主義者と革新者」、長編「キューフリャ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥイニャーノフ
とぅいにゃーのふ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトゥイニャーノフの言及

【オポヤーズ】より

…1916年ごろロシアのペトログラードで成立した〈詩的言語研究会〉のことで,詩学と言語学を根底に置くロシア・フォルマリズムの批評運動の一翼を担ったグループ。V.B.シクロフスキー,B.M.エイヘンバウムYu.N.トゥイニャーノフ,ヤクビンスキーL.P.Yakubinskii(1892‐1945),ポリワーノフE.D.Polivanov(1891‐1938)らが参加。未来派の芸術運動と関連をもちつつ,文学作品を文学以外の要素に還元する素材としていた従来の批評を拒否して文学の自律性を主張し,〈文学の科学〉の確立を志向し,文学作品の主題構成や文体や構造を分析し,言語表現の方法の面から批評を行おうとした。…

※「トゥイニャーノフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥイニャーノフの関連キーワードロシア・フォルマリズムカベーリン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android