コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥガン=バラノフスキー トゥガン=バラノフスキーTugan-Baranovskii, Mikhail Ivanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥガン=バラノフスキー
Tugan-Baranovskii, Mikhail Ivanovich

[生]1865.1.8. ハリコフ
[没]1919.1.21. オデッサ近郊アイゼンバーン
ロシアの経済学者,歴史学者,合法マルクス主義者。 1888年ハリコフ大学卒業。ペテルブルグ大学,ペテルブルグ工業研究所,キエフ大学などの教授を歴任。大学時代は法律学を専攻したが,のち経済学に転じ,1890年代にはナロードニキに対する批判者として,近代的景気理論の父として知られるにいたった。彼はマルクスの再生産方式から出発して,産業部門間の不均衡が恐慌の原因であると主張した。またロシアの協同組合運動の理論的指導者としても活躍した。 1917年一時ウクライナの蔵相をつとめたこともある。主著『英国恐慌史論』 Promyshlennye krizisy v sovremennoi Anglii (1894) ,『唯物史観と剰余価値』 Teorticheskie osnovy marksizma (1905) ,『近世社会主義』 Sovremennyi sotsializm v svoem istoricheskom razvitii (06) ,『社会的分配論』 Sotsial'noi teorii raspredeleniya (13) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トゥガン=バラノフスキーの関連キーワードシュピートホフコンドラチエフ過剰投資説

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android