コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥガン=バラノフスキー Tugan-Baranovskii, Mikhail Ivanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥガン=バラノフスキー
Tugan-Baranovskii, Mikhail Ivanovich

[生]1865.1.8. ハリコフ
[没]1919.1.21. オデッサ近郊アイゼンバーン
ロシアの経済学者,歴史学者,合法マルクス主義者。 1888年ハリコフ大学卒業。ペテルブルグ大学,ペテルブルグ工業研究所,キエフ大学などの教授を歴任。大学時代は法律学を専攻したが,のち経済学に転じ,1890年代にはナロードニキに対する批判者として,近代的景気理論の父として知られるにいたった。彼はマルクスの再生産方式から出発して,産業部門間の不均衡が恐慌の原因であると主張した。またロシアの協同組合運動の理論的指導者としても活躍した。 1917年一時ウクライナの蔵相をつとめたこともある。主著『英国恐慌史論』 Promyshlennye krizisy v sovremennoi Anglii (1894) ,『唯物史観と剰余価値』 Teorticheskie osnovy marksizma (1905) ,『近世社会主義』 Sovremennyi sotsializm v svoem istoricheskom razvitii (06) ,『社会的分配論』 Sotsial'noi teorii raspredeleniya (13) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トゥガン=バラノフスキーの関連キーワードシュピートホフコンドラチエフ過剰投資説

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android