コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済学原理 けいざいがくげんりPrinciples of Political Economy,with some of their applications to social philosophy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済学原理
けいざいがくげんり
Principles of Political Economy,with some of their applications to social philosophy

J.S.ミル著。 1848年刊。よって立つべき主要な経済理論を失っていた 19世紀中頃の状況下における本書の主要なねらいは,「社会哲学への若干の適用を含む」という副題に明示されているように,より進んだ社会哲学体系のなかに経済学を位置づけ,その観点から構成し直すこと,それを通じて経済学の現実的有効性を取戻すことである。その成果は,人間の自立の重要性を説き,人類の共有財産としての土地問題を解決するための土地改革理論を提示するなどした点に表われている。

経済学原理
けいざいがくげんり
Principles of Economics

A.マーシャル主著。 1890年刊。生産における費用面を強調する傾向にあったイギリス古典経済学の伝統と,限界革命後に取入れられるようになった効用最大化行動に基づく需要理論を統合し,需給均衡論のもとに経済現象を体系的に論じた。部分均衡分析,消費者余剰弾力性の概念,外部経済,内部経済など今日用いられているさまざまな分析概念を提供している。また生産における時間要素を考慮し,一時的均衡,短期均衡,長期均衡に分類した供給価格の均衡分析は,今日の生産者理論の骨格となった。 J.M.ケインズ,A.C.ピグーへの影響は多大であり,また不完全競争の分析にも寄与している。収穫逓増問題に対する分析は,マーシャルの外部性概念を通じて今日,内生的経済成長理論に取入れられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいざいがくげんり【経済学原理 Principles of Economics】

ケンブリッジ学派の創始者A.マーシャルの主著。1890年刊,第8版1920年刊。1881年ころから執筆が始められ,公刊後も章立て編成をはじめとする大小の改訂が加えられたが,第8版は6編55章と13の付論からなり,858ページにのぼる大著である。その中心部分は,第5編〈需要,供給,価値の一般理論〉と第6編〈国民所得分配〉にある。価値は需要と供給の均衡点において決定されるという命題を基本的枠組みとして,〈限界margin〉と〈代替substitution〉という概念を用いて均衡状態が記述されるが,それは選択的な消費の対象にだけでなく,生産諸要素にも適用されて,有益な諸概念が創案された。

けいざいがくげんり【経済学原理 Principles of Political Economy,with Some of their Applications to Social Philosophy】

J.S.ミルの主著。1848年初版,71年7版。19世紀イギリス古典派経済学の集大成であるとともに,その限界を示した書でもある。1848年の初版と52年の第3版の間に大きなトーンの変更がある。初版では,D.リカード以来の演繹(えんえき)的理論に依拠して,価格が需給関係により決まり,賃金,利潤地代など所得の分配も人意を超えた自然法則によって決まるとされた。この認識は政府介入の余地を否定する自由放任の主張につながる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の経済学原理の言及

【ケンブリッジ学派】より

…しかし全体としては,イギリス経済は高い資本蓄積率に支えられて,まだ発展過程にあると考えられていた。マーシャルが主著《経済学原理》(1890)を出版したのはこのような時期であったから,彼は資本家,企業家,労働者という階級間の調和的発展に基本的関心を向け,短期では労資の対抗関係があるようにみえるが,長期では〈国民分配分national dividend〉(国民所得と同義。厚生経済学的に使われた)が増大するため,両者の調和が可能であると考えたのである。…

【マーシャル】より

…1885年から1908年までケンブリッジ大学の経済学教授を務め,A.C.ピグー,J.M.ケインズをはじめとする一群の経済学者を育てて,ケンブリッジ学派を形成した。主著《経済学原理》(1890)はその後30年間にわたって8版を重ね,当時の支配的学説として世界中に影響を及ぼした。スミス,リカードからイギリス経済学の正統を引くJ.S.ミルの《経済学原理》(1848)は,1871年にミル自身による最後の改訂版として出版されたが,そのころマルクスの《資本論》(1868),ジェボンズの《経済学の理論》(1871),メンガーの《国民経済学原理》(1871)など新しい動向を象徴する著作が現れるようになっていた。…

【ミル】より

…14歳以後は一人立ちで勉強したが,幼年期からの教育によって一種の純粋培養的な学者となったといえる。一生の間に《論理学体系》(1843),《経済学原理》(1848),《自由論》(1854年に書かれ59年出版),《功利主義論》(1861年に雑誌に発表,63年単行本),《女性の隷従》(1869),遺稿の《社会主義論》(1879)その他多くを著したが,それらはすべて自分の見聞に照らして,より正確に真理を究め世に問おうとする誠実な努力の結果であった。彼ほど世俗の利害や党派的な感情に惑わされない人物はまれであったといえよう。…

※「経済学原理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

経済学原理の関連キーワードスチュアート(Sir James Denham Steuart)マクラウド(Henry Dunning Macleod)グーテンベルク(Erich Gutenberg)ミード(James Edward Meade)マーシャル(Alfred Marshall)ハインリッヒ ニックリシュエーリッヒ グーテンベルクチェルヌイシェフスキーアルフレッド アモンカルル・フリードリヒアモン アルフレッドカール メンガーA. マーシャルE. アントネリグーテンベルクニックリッシュ国民経済学原理パンタレオーニマッカロックフォーセット

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android