コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥガン・バラノフスキー トゥガンバラノフスキー

2件 の用語解説(トゥガン・バラノフスキーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トゥガン・バラノフスキー

帝政ロシアの経済学者。生産は消費と独立に発展するとし,恐慌は生産部門間の不均衡から起こるとする再生産論で著名。初め合法マルクス主義者,のち修正主義に転じマルクス主義を批判。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥガン・バラノフスキー
とぅがんばらのふすきー
Михаил Иванович Туган‐Барановский Mihail Ivanovich Tugan-Baranovskiy
(1865―1919)

ロシアの経済学者。ウクライナに生まれ、ハリコフ大学の物理・数学部と法学部で学んだ。当初は「合法的マルクス主義」の主張者であったが、その後、マルクス主義を批判するようになり、1905年の革命ののちにカデット立憲民主党)に入党した。また1917年二月革命後、反革命派の立場にたってウクライナ中央ラダ政府の蔵相を務めている。しかしまもなく政治活動をやめ、キエフ大学やウクライナ科学アカデミーで教職に従事した。彼の業績のなかでは恐慌史や恐慌理論に関するものが有名であるが、とくに恐慌理論について付言すると、生産部門の不比例的発展に恐慌の原因をみいだそうとしている点が彼の主張の特徴になっている。彼はまた、オーストリア学派限界効用理論の導入に努めたが、このようなことは彼の反マルクス主義的立場を反映しているといえる。[笹原昭五]
『救仁郷繁訳『英国恐慌史論』(1972・ぺりかん社) ▽矢部周訳述『社会主義の新解釈』(1926・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥガン・バラノフスキーの関連キーワードカデットクズネッツ経済学セーパレート分配バルチック艦隊食料経済学竹本洋日高普

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone