コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルン Thurn (-Valsassina), Heinrich Matthias, Graf von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥルン
Thurn (-Valsassina), Heinrich Matthias, Graf von

[生]1567.2.24. ベーメン,リプニッツ城
[没]1640.1.28. エストニア,ピャルヌ
オーストリアの政治家,軍人。プロテスタントに改宗し,対トルコ戦争の功績により,神聖ローマ皇帝ルドルフ2世からカルルシュタイン城伯に封じられたが,1609年には皇帝にベーメン (ボヘミア) における信教の自由を保障する勅書を強要した。 18年ベーメンの反乱が起るとベーメンのプロテスタント貴族を率いてプラハに侵入し,19年にはウィーンに迫ったが敗れハンガリーに逃亡。次いで三十年戦争ではスウェーデン王グスタフ2世のもとでスウェーデン軍司令官に就任。 26年シュレジエンに戦い,33年 A.ワレンシュタインに捕えられたが,のち釈放された。

トゥルン
Tulun

ロシア中東部,東シベリア南部,イルクーツク州の都市。州都イルクーツクの北西約 350km,アンガラ川水系イヤ川にのぞみ,シベリア横断鉄道に沿う。製材,木材加工業の中心地で,ガラス工業も立地している。近郊にアゼイスク褐炭田がある。人口5万 3700 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トゥルン(Trun)

スイス中東部、グラウビュンデン州、スルセルバ地方の村。画家アロイス=カリジェの生地。カリジェが学校や民家に描いた壁画が残されている。

トゥルン(Tulln)

オーストリアの首都ウィーン西部郊外にあるドナウ川沿いの町。画家エゴン=シーレの生地で、美術館ゆかりの場所がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

トゥルン

生年月日:1567年2月24日
オーストリアの政治家
1640年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

トゥルンの関連キーワードハラー(Karl Ludwig von Haller)フェルディナント グロスマンローテンブルクのマルクト広場ヘルツォーク&ド・ムーロンマイスタートゥルンクアルヴァー アールトワイセルベルクの戦いシールスフィールドトゥルン・タクシススイス史(年表)エーゴン シーレゾロトゥルン州ブーゼンバウムコシチューシコプロテスタントゾーロトゥルンオーストリアワルトブルクゾロトゥルンソロトゥルン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トゥルンの関連情報