コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥールーン朝 トゥールーンちょうṬūlūn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥールーン朝
トゥールーンちょう
Ṭūlūn

エジプトでアッバース朝から独立した最初の王朝 (868~905) 。エジプトおよびシリアを支配。首都はフスタート。建設者はアフマド・イブン・トゥールーン (在位 868~884) で,父はフェルガーナ出身のトルコ人奴隷であった。カリフの宮廷で勢力を得たアフマドは,868年副総督としてエジプトに派遣されると,ただちに自立をはかったが,名目上はアッバース朝カリフの宗主権を認め,またアミールという称号に甘んじていた。彼はエジプト,シリアを支配するためにトルコ人,ギリシア人,ヌビア人から成る奴隷軍団を保持し,強力な海軍も建設した。アフマドはフスタートに接して新都カターイーを造営するかたわら,エジプトの農業開発にも着手し,ナイル下流のローダ島にミクヤース (水位計) を新造した。彼を継いだホマーラワイフ (在位 884~896) は引続きアッバース朝との友好関係を維持し,30万ディナールの貢納金と引替えにエジプト,シリアの支配権を認められた。しかし5代のシャイバーンのとき (905) ,シリアのカルマト派の活動を押えることができなかったために,カリフ軍の派遣を許し,シリアに続いてフスタートが征服され,王朝は再びアッバース朝に吸収された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゥールーンちょう【トゥールーン朝 Ṭūlūn】

アフマド・ブン・トゥールーンの創始したエジプト・シリアにまたがる王朝。868‐905年。アフマド・ブン・トゥールーン(在位868‐884)はトルコ系軍人で,868年,アッバース朝によってエジプトに派遣されそこで実権を握り,アミールの称号を得,アッバース朝の宗主権は認めながらも事実上独立した王朝を建設した。トゥールーン朝の基礎は,トルコ系,黒人,ギリシア人などの奴隷軍人からなる強力な軍隊と,豊かなエジプトの経済であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトゥールーン朝の言及

【アフマド・ブン・トゥールーン】より

…エジプト,シリアを支配したトゥールーン朝の創始者。在位868‐884年。…

【シリア】より

…ただし文化面ではシリア出身者はそのヘレニズムの遺産をもって,いわゆるイスラム文明の興隆に大いに貢献した。
【十字軍とアイユーブ朝下での繁栄】
 9世紀半ばになってアッバース朝の支配が緩んでくると,エジプトで事実上独立したトゥールーン朝(868‐905)がパレスティナから中部シリアを支配し,10世紀の前半には同様の性格をもつイフシード朝がほとんど同じ領域を支配した。10世紀の前半から末まで,北シリアはハムダーン朝(905‐1004)が勢力を張っていた。…

※「トゥールーン朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥールーン朝の関連キーワードイブン・トゥールーン・モスクトゥールーン朝美術イフシード朝グラーム

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android