トゲウオ(棘魚)(読み)トゲウオ

世界大百科事典 第2版の解説

トゲウオ【トゲウオ(棘魚)】

ヨウジウオ目トゲウオ科Gasterosteidaeの魚の総称。背びれ,腹びれ,しりびれなどのとげが目だつのでこの名がある。ハリウオ(針魚)とも呼ばれる。英語でもstickle back(とげの生えた背中)という。この仲間はアジア,ヨーロッパ,北アメリカの中緯度以北に広く分布し,特異な産卵習性によって知られる。いずれも全長5~8cm,尾柄の細い小魚で滑らかな皮膚をもつが,体側にうろこの変形した大きな骨質鱗板が1列並ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報