コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トコナツ

2件 の用語解説(トコナツの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トコナツ

ダイアンサス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トコナツ
とこなつ / 常夏
[学]Dianthus chinensis L. var. semperflorens Makino

ナデシコ科の多年草。中国原産のセキチク(カラナデシコ)の改良種。日本原産のナデシコなどとともに普通はナデシコの名でよばれる。[魚躬詔一]

文化史

トコナツは『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』(931~938ころ)に「瞿麥、和名奈天之古(なてしこ)、一云止古奈豆(とこなつ)」と載り、当初はナデシコと区別されていなかったようである。明治以降「常夏(とこなつ)」の名の下に同好会が各地に誕生したが、そこで扱われた品種にもセキチクやナデシコ系を含む。昭和の初めに最盛期を迎え、東京とその周辺だけでも八つの同好会があり、しばしば連合で展示会を開催した。丹頂(たんちょう)老人の『常夏』(1927)にはその記録と、141の品種が解説されている。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトコナツの言及

【ナデシコ(撫子)】より

…花径は2~3cm,茎頂に1~2個をつける。中国原産で,江戸時代に日本で,四季咲きのトコナツvar.semperflorens Makino,細裂して糸状に長く伸びた花弁を有するイセナデシコvar.laciniatus Koern.などの品種群が育成された。ヨーロッパではセキチクを基本にした大型の花をつける品種が多く育成されており,その赤,桃,藤,白色などの多彩な花色からrainbow pinkの英名で呼ばれている。…

※「トコナツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トコナツの関連情報