トダ

  • Toda

百科事典マイペディアの解説

インドのデカン半島南部のニールギリ山地に居住する人びと。ドラビダの一つ。急速に滅亡しつつあり,現在数百人。水牛の放牧ときわめて未開な酪農に依存。社会の基本単位として父系および母系氏族の存在,創造神,狩猟の神あるいは水牛の神の信仰,一妻多夫婚の慣行に特徴がみられる。
→関連項目指定部族

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南インド、タミル・ナド州ニルギリ丘陵に居住する指定部族。南インド最大の避暑地であるオータカムンド付近に1500人程度(1995)の小人口をもち、20世紀末までに生活は大きく観光化した。変形の著しいドラビダ系言語を用い、移牧的水牛飼養が主産業で、穀物その他の必需品は隣接部族から物々交換で入手していた。一妻多夫的婚外性関係を認め、家族を単位とする父系親族世帯群が集まって外婚集団を形成した。外婚集団が集合して半族を構成したが、どの段階にも首長はなかった。水牛飼養から未分離であった儀礼と、水牛供犠(くぎ)を伴う長期にわたる二段階の葬礼が特徴的であった。近代化によりプランテーションが水牛放牧場を蚕食し、1953年以降一妻多夫関係の人口学的基盤であった女児殺しが厳禁され、伝統的な社会文化要素が消滅しつつある。イギリスのリバーズによる調査で人類学史上では有名である。[佐々木明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android