コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トダ

百科事典マイペディアの解説

トダ

インドのデカン半島南部のニールギリ山地に居住する人びと。ドラビダの一つ。急速に滅亡しつつあり,現在数百人。水牛の放牧ときわめて未開な酪農に依存。社会の基本単位として父系および母系氏族の存在,創造神,狩猟の神あるいは水牛の神の信仰,一妻多夫婚の慣行に特徴がみられる。
→関連項目指定部族

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トダ
とだ
Toda

南インド、タミル・ナド州ニルギリ丘陵に居住する指定部族。南インド最大の避暑地であるオータカムンド付近に1500人程度(1995)の小人口をもち、20世紀末までに生活は大きく観光化した。変形の著しいドラビダ系言語を用い、移牧的水牛飼養が主産業で、穀物その他の必需品は隣接部族から物々交換で入手していた。一妻多夫的婚外性関係を認め、家族を単位とする父系親族世帯群が集まって外婚集団を形成した。外婚集団が集合して半族を構成したが、どの段階にも首長はなかった。水牛飼養から未分離であった儀礼と、水牛供犠(くぎ)を伴う長期にわたる二段階の葬礼が特徴的であった。近代化によりプランテーションが水牛放牧場を蚕食し、1953年以降一妻多夫関係の人口学的基盤であった女児殺しが厳禁され、伝統的な社会文化要素が消滅しつつある。イギリスのリバーズによる調査で人類学史上では有名である。[佐々木明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トダの関連キーワードリバーズ(William Halse Rivers)タイムズスクエアのニューイヤーズカウントダウン有機薄膜CMOSイメージセンサーSOFT DARTS BIBLEクシイワマドノカミ(櫛石窓神)ウィリアム・H. リバースアバランシェ・ダイオードフォトダイオードアレイダンバートンシャーオートダイヤリングcost downミクストダブルスエオアントロプスダウンサイジングブレークダンスcost upパワーダウン混合ダブルスインド諸言語ドラビダ語族

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android