コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トノサマバッタ Locusta migratoria; migratory locust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トノサマバッタ
Locusta migratoria; migratory locust

直翅目バッタ科。別名ダイミョウバッタ。体長は雄 35mm,雌 50mm内外。体は太く,色彩は変化に富むが,一般に緑色型と褐色型が認められる。触角は短い。前翅は淡褐色で長く,黒褐色の小斑が散在する。後翅は淡黄色でほぼ透明,先端に黒褐色斑のあることがある。後肢腿節内面には2黒帯がある。成虫は夏から秋にかけてみられる。飛翔力は強い。単独生活をするものを孤独相 solitary phaseというが,特殊な環境下では形態的,生態的,生理的に変化し,集団をなして移動するようになる。これは移住相 gregarious phaseといわれ,いわゆる飛蝗 (ひこう) となって農作物に大害を与える。日本全土に産し,旧北区,アフリカに広く分布する。 (→直翅類 , バッタ )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トノサマバッタ

ダイミョウバッタとも。直翅(ちょくし)目バッタ科の昆虫の1種。日本最大のバッタで,体長(翅端まで)45〜65mm。緑色または褐色,時に黒褐色。ほとんど全世界に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トノサマバッタ
とのさまばった / 殿様蝗
migratory locust
[学]Locusta migratoria

昆虫綱直翅(ちょくし)目バッタ科に属する昆虫。裸地のある乾いた草地や河原などに多い大形のバッタ。バッタとしては典型的な体形をもっている。和名はその姿のよいことや頑丈な体つきからおこったもので、ダイミョウバッタ(大名蝗)ともいわれたが、現在はトノサマバッタのほうに落ち着いている。
 体長は雄35ミリメートル内外、雌50ミリメートル内外。体色には緑色型、褐色型のほか、これらの中間型もある。頭部は縦卵形。前翅の翅脈間には細かい黒褐色斑(はん)を多数散布する。後翅は透明であるが淡黄色を帯び、先端に弱く褐色斑が出る。後脚の腿節(たいせつ)には2黒帯が斜めに走り、膝部(しつぶ)は黒く、脛節(けいせつ)は橙黄(とうこう)色である。成虫は夏から秋にかけて出現する。雄は前翅に発音脈があり、後脚腿節をこれにこすり付け、ジリリリとじみな発音をする。発育には同種の他個体が影響をもち、もし大発生して個体群の密度が高まってくると、その群の個体は生理的に変化をおこし、さらに形態にも変化を及ぼし、飛翔(ひしょう)しやすい体形となる。こうした個体を群集相のバッタとよぶが、その場の食物を食べ尽くすと、次々に集団飛翔をして移動していき、ときには農作地帯に大害を与える。これがいわゆる「飛蝗(ひこう)」とよばれるものである。
 通常、一地域の草間で過ごすものは孤独相とよばれ、集団移動をしない。大発生は日本でも過去に数回あり、明治年間北海道で数回起こったものは亜種migratoriaによるもの、1986年(昭和61)種子島(たねがしま)沖の馬毛島(まげじま)で起こったものは同じ亜種によるもの、また1973年(昭和48)南大東島で起こったものは亜種manilensisによるものである。本種は、このように日本では2亜種が知られ、manilensisは琉球(りゅうきゅう)諸島に分布している。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トノサマバッタの関連キーワードクルマバッタカエルウオ飛蝗・蝗虫相(生物)大発生車蝗虫イナゴ飢饉蝗害

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トノサマバッタの関連情報