コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トピーカ Topeka

翻訳|Topeka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トピーカ
Topeka

アメリカ合衆国,カンザス州州都カンザスシティーの西約 100kmに位置する。カンザスが准州時代の首都で,1861年州に昇格すると同時に州都となる。農業,工業,および州政府関係業務が主要産業。保険会社の本社,支社が多い。精神医学の訓練センターとして重要なメニング財団病院があり,全米の精神科医療の中心をなす。ウォッシュボン大学 (1865創立) がある。人口 12万7473(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トピーカ【Topeka】

アメリカ合衆国カンザス州東部にある同州の州都。人口12万1000(1994)。1854年,サンタ・フェ街道に沿った鉄道の建設を目的として,カンザス川に臨んで町が創設された。アチソン‐トピーカ‐サンタ・フェ鉄道の本拠地で,人口は1860年からの20年間に20倍の増加をみた。農牧業地帯に位置する商工業都市で,精神病治療の中心地としても知られる。市名はインディアンの言葉で〈煙る丘〉,または〈芋の産地〉を意味するという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トピーカ
とぴーか
Topeka

アメリカ合衆国、カンザス州北東部、カンザス川に臨む都市で、同州の州都。人口12万2377(2000)。豊かな農業地帯の中心にあり、各種農産物の集散地、市場、加工地として重要である。市域内には製粉場やタイヤなどゴム製品、薬品、皮革製品、食肉加工品などの製造工場が多く、大規模な鉄道修理工場が目だつ。1854年にニュー・イングランドの奴隷制反対主義者の手で設立された。現在では緑の多い整然とした町並みの美しさを誇る。また、優れた精神病治療・研究でも広く知られる。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トピーカの関連キーワードジョージ・G. ウェットリングブラウン事件判決サンタフェ鉄道カンザス[州]アメリカ合衆国パトリックブルックス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android