コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トムスク トムスク Tomsk

4件 の用語解説(トムスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トムスク
トムスク
Tomsk

ロシア中部,西シベリア南部,トムスク州の州都。西シベリア低地南東縁部,オビ川支流トミ川の下流部にのぞむ河港都市。シベリア最古の都市の一つで,1604年建設された。ロシア革命前は商業中心地として,またシベリアの学術都市 (シベリア最古の総合大学であるトムスク大学が 1888年につくられ,1900年工科大学も創立) としても知られていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トムスク

ロシア中南部,西シベリア,トミ川(オビ川の支流)に面する同名州の州都。電気機器,化学などの工業が行われる。1604年創設。19世紀後半に政治犯の流刑地となり,1880年シベリア最古の大学が設立され,1894年には学生による最初のマルクス主義団体が結成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トムスク【Tomsk】

ロシア連邦,西シベリア,同名州の州都。トミ川右岸に位置し,トミ川とオビ川の合流点の南東60kmにある。人口50万(1993)。1604年に建設され,1782年市になった。1804‐1925年,同名県の県都。19世紀の30年代から金の採掘が盛んになるにつれ人口が増加し,シベリアの水陸の交通の中心として発達した。1888年には大学(シベリア最古)が,1900年には工業専門学校も開かれて,シベリアにおける文化の中心となったが,シベリア横断鉄道の本線から外されたため,その後しだいにノボシビルスクに繁栄を奪われるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トムスク
とむすく
Томск Tomsk

ロシア連邦中部、トムスク州の州都。西シベリアのオビ川支流トミ川の下流部右岸にある。人口48万1400(1999)。オビ川の重要港で、シベリア鉄道とは支線で連絡され、空港もあり、交通の要地。機械製造(鉱業用機械、電気機械モーター、切削機、軸受、圧力計、計算機)、石油化学、電線、履き物マッチ、鉛筆、家具、化学薬品の製造、食料品、ビール醸造などの工業がある。ロシアアジアで最初の総合大学(1880建設、1888開学)をはじめ、単科諸大学、高等専門学校研究所、劇場、地誌博物館などがあって文化の中心地ともなっている。シベリア最古のロシア都市の一つで、1604年建設、商業・交通の要地として発達、1804~1925年の間は県庁所在地であった。1880年代から政治犯の流刑地。革命後しばらく反革命軍の拠点となったが、1919年12月にソビエト政権が確立された。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トムスクの関連キーワードオビ川ケメロボチェリャビンスクノボシビルスクОмскТобольскТомскКировТюменьチュメニ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トムスクの関連情報