コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トモダチ作戦 ともだちさくせん Operation Tomodachi

2件 の用語解説(トモダチ作戦の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

トモダチ作戦

2011年3月11日に起こった東日本大震災に際して、米軍が行った災害救援活動の作戦名。4軍の統合作戦として、作戦司令部を東京都の横田空軍基地に置き、各地の在日米軍基地が活用された。他に原子力空母ロナルド・レーガンなども投入され、ピーク時には2万人近い人員を動員して展開された。
軍隊は一意に自国の国益のために組織的に戦闘を行う集団であるが、有事における目的達成に必要な機材や物資を装備し、訓練された人員の組織的運用などに圧倒的な機動力を有する。これらは、戦闘行為のみならず災害時にも有効に機能することから、人道支援・災害救援(HA/DR:Humanitarian Assistance/Disaster Relief)などへの寄与も求められる。2000年以降は、アジア太平洋地域での米軍を軸とした多国間の共同軍事訓練にもこれらの対応を取り入れる取り組みが始まった。日米両国も、インド洋の津波、パキスタンの地震、ジャワ中部地震などで、民間、米軍、自衛隊がこの任務に当たり、連携強化のための検討が重ねられてきた。
本作戦もこの路線上にあるが、地震や原発事故による激甚災害を前に、円滑に進まない救援活動の中で本作戦が果たした役割は大きい。ヘリコプターによる孤立した被災者の救助や、揚陸艇による孤立した島への救援物資の輸送などの、迅速で強力な活動によって、その力を示し活躍を印象付けた。これらに対して、北沢俊美防衛大臣は「米軍に感謝と称賛を申し上げたい。今ほど米国が同盟国であったことを頼もしく、誇りに思う時はない」と謝意を表明した。日本側の自助努力による復旧の進展から、4月中旬には米軍は艦艇など主要部隊を撤収し、今後は原発事故対応やインフラ復旧に支援活動の重点を移して協力態勢を継続していく方針である。

(金谷俊秀  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ともだち‐さくせん【トモダチ作戦】

Operation Tomodachi》平成23年(2011)3月11日に発生した東日本大震災において米国軍が行った人道支援・災害救助活動の名称。陸・海・空軍と海兵隊が連携し、人員2万人以上、艦船約20隻、航空機約160機を投入。自衛隊と連携して空港・港湾・学校などの復旧、救援物資の提供・輸送、行方不明者の捜索などを行った。オペレーショントモダチ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トモダチ作戦の関連キーワード東北地方太平洋沖地震明治三陸地震津波出来事東北・関東大震災東日本大震災事業者再生支援機構東日本大震災の鉄道被害チリ地震津波東日本大震災の農業被害自衛隊の災害派遣東日本大震災の復興事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トモダチ作戦の関連情報