トリアシショウマ(読み)とりあししょうま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリアシショウマ
とりあししょうま / 鳥脚升麻
[学]Astilbe thunbergii (Sieb. et Zucc.) Miq. var. congesta H. Boiss.

ユキノシタ科の多年草。温帯山地の林床や草原に生える。根茎は太く直立する。葉は3回3出の複葉で、小葉は広卵形、長さ5~12センチメートル、幅4~10センチメートル、先は尾状にとがり、基部は普通は心臓形、縁(へり)に不規則な重鋸歯(きょし)がある。7~8月、高さ0.4~1メートルの直立した花茎を伸ばし、上部に大形の円錐(えんすい)花序をつくって多数の白花をつける。花弁は5枚、へら状さじ形で、長さ4~6ミリメートル。雄しべは10本、花弁より短い。子房は上位で2心皮からなる。北海道、本州中北部に分布する。名は、じょうぶで直立した茎のようすを鳥の足に例えてつけられたという。[若林三千男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトリアシショウマの言及

【アワモリショウマ(泡盛升麻)】より

…そのうち,日本には6種が自生しており,そのほとんどが日本の固有種である。アワモリショウマに近縁なものにチダケサシA.microphylla KnollやアカショウマA.thunbergii (Sieb.et Zucc.) Miq.やその変種トリアシショウマvar.congesta Boiss.などがある。チダケサシは,明るい林床や山地の草原などに生え,小葉は倒卵形で先は丸みを帯び,7~8月ころ咲く花はふつう淡紅色である。…

※「トリアシショウマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android