コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリガイ Fulvia mutica; egg cockle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリガイ
Fulvia mutica; egg cockle

軟体動物門二枚貝綱ザルガイ科。長 9.5cm,殻高 9.5cm,殻幅 6.5cmに達する。殻は円形でよくふくらみ,薄くてこわれやすい。殻表は淡黄色で,40~50条の細い放射溝に沿って柔らかい毛が密生する。内面は紅紫色で,後方で濃色となる。殻の噛み合せの歯状突起は弱く,外套線は湾入しない。足は三角形状で長く,黒紫色。この形が鳥の足に似ているため,また味が似ているためこの名があるという。陸奥湾から九州,朝鮮半島,中国の内湾の水深 10~30mの砂泥底にすむ。産卵期は2~6月と8~11月。足は開いて鮨種,酢の物乾物など食用にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トリガイ

ザルガイ科の二枚貝。高さ,長さとも9cm,幅6.5cm。円形でよくふくらみ,薄質。黄白色で,殻表に殻皮毛列がある。内面は桃紅色。本州〜九州,朝鮮半島,中国の内湾の浅海の砂泥底にすむ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

トリガイ

 [Fulvia mutica].マルスダレガイ目ザルガイ科の二枚貝.すし種などにする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリガイ
とりがい / 鳥貝
egg cockle
[学]Fulvia mutica

軟体動物門二枚貝綱ザルガイ科の二枚貝。本州の中部以南の内海で、水深10~30メートルの砂泥底にすむ。殻長95ミリ、殻高95ミリ、殻幅65ミリに達し、殻は円形でよく膨らみ薄質。殻表は淡黄褐色の殻皮をかぶり、40~50条の細くて浅い放射溝があって、それに沿って柔らかい殻皮毛が密生する。殻頂には淡紅色の小斑(はん)がある。殻の内面は紅紫色。(こうばん)は狭くて弱く、殻頂の下の主歯は一方が短い牙(きば)状で前後の側歯は板状で長く、前後筋痕(きんこん)間を結ぶ套線(とうせん)は湾入しない。足は三角状で長く黒褐色。水管は短く、水管触手は長く密に生えている。ヒトデなどの敵に襲われると、長い足ですばやく跳躍して逃れる。産卵期は2~6月と8~11月。足は美味で、開いてすし種や酢の物などにされる。味が鶏肉に似ているのが名の由来という説もある。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トリガイの関連キーワードアレクサンドル ディヤチェンコチヨノハナガイシラトリガイ丹後とり貝蝦夷石陰貝握りずし煮干し白鳥貝水管

トリガイの関連情報