コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリガイ トリガイ Fulvia mutica; egg cockle

4件 の用語解説(トリガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリガイ
トリガイ
Fulvia mutica; egg cockle

軟体動物門二枚貝綱ザルガイ科。殻長 9.5cm,殻高 9.5cm,殻幅 6.5cmに達する。殻は円形でよくふくらみ,薄くてこわれやすい。殻表は淡黄色で,40~50条の細い放射溝に沿って柔らかい毛が密生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トリガイ

ザルガイ科の二枚貝。高さ,長さとも9cm,幅6.5cm。円形でよくふくらみ,薄質。黄白色で,殻表に殻皮毛列がある。内面は桃紅色。本州〜九州,朝鮮半島,中国の内湾の浅海の砂泥底にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

トリガイ

 [Fulvia mutica].マルスダレガイ目ザルガイ科の二枚貝.すし種などにする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリガイ
とりがい / 鳥貝
egg cockle
[学]Fulvia mutica

軟体動物門二枚貝綱ザルガイ科の二枚貝。本州の中部以南の内海で、水深10~30メートルの砂泥底にすむ。殻長95ミリ、殻高95ミリ、殻幅65ミリに達し、殻は円形でよく膨らみ薄質。殻表は淡黄褐色の殻皮をかぶり、40~50条の細くて浅い放射溝があって、それに沿って柔らかい殻皮毛が密生する。殻頂には淡紅色の小斑(はん)がある。殻の内面は紅紫色。(こうばん)は狭くて弱く、殻頂の下の主歯は一方が短い牙(きば)状で前後の側歯は板状で長く、前後筋痕(きんこん)間を結ぶ套線(とうせん)は湾入しない。足は三角状で長く黒褐色。水管は短く、水管触手は長く密に生えている。ヒトデなどの敵に襲われると、長い足ですばやく跳躍して逃れる。産卵期は2~6月と8~11月。足は美味で、開いてすし種や酢の物などにされる。味が鶏肉に似ているのが名の由来という説もある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリガイの関連キーワードイガイ二枚貝類ミルガイ笊貝鳥貝二枚貝鷺貝皿貝軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トリガイの関連情報