コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリケラトプス トリケラトプス Triceratops

6件 の用語解説(トリケラトプスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリケラトプス
トリケラトプス
Triceratops

爬虫類鳥盤目角竜亜目に属する有角恐竜。体長7~9m。体重5~9t。頭骨の後部が胴を保護するように広がり,前方に向けて3本の角を突出しているので三角竜ともいう。姿は大変いかめしいが,草食性。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トリケラトプス(〈ラテン〉Triceratops)

恐竜の一。中生代白亜紀後期に北米に生息。全長6~9メートル。四足歩行をし、草食性。頭骨後部は襟形に広がり、目の上に1本ずつと鼻の上に1本の角をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トリケラトプス

白亜紀後期の草食恐竜。四脚歩行で陸生。体長約9m,体重約6tと推定される。鼻の上に1本,両眼の上に1本ずつ計3本の長くて強い角をもつ。頭長2m,その後部は兜(かぶと)のしころ状をなして頸(くび)や肩をおおう。
→関連項目恐竜プロトケラトプス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トリケラトプス【Triceratops】

白亜紀後期に生存した最大の角竜。体長9mに達するものもいた。体重は推定5~6tで雄の成ゾウぐらいである。頭骨は大きく,体長の1/3ほどになる。口先は鳥のようにくちばし状となる。四足歩行で植食性。頭蓋には3個の角(鼻の上に小さい角が1個,目の上に大きい角が左右各1個)が発達する。命名者マーシュO.C.Marshは北アメリカコロラドで発見された角の化石を野牛の角と考えたが,その後他所から発掘された頭骨や骨格から恐竜であることがわかり,1889年にトリケラトプスと名付けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トリケラトプス【Triceratops】

中生代白亜紀後期、北アメリカに生息した恐竜の一種。体長6~9メートル。草食性。代表的な角竜で、三本の角を有し、これで肉食恐竜から身を守ったと考えられている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリケラトプス
とりけらとぷす
triceratops
[学]Triceratops horridus

北アメリカの白亜紀後期、約6805万年~6550万年前の地層から産出した草食恐竜。鳥盤目周飾頭(しゅうしょくとう)類(亜目)角竜(つのりゅう)類(下目)ネオケラトプス類(新角竜類)ケラトプス科Ceratopsidaeカスモサウルス亜科Chasmosaurinaeに属する。四本肢(あし)で全長6~9メートル、体重8.5トン。目の上に1本ずつの長い角と、鼻の上に1本の短く太い角をもっていた。頭の半分が頸(くび)の上に伸びた大きなフリル(ひだ飾り)で占められている。フリルはディスプレー器官としての役割もあったといわれる。敵を突き倒すために、長い二つの角を前方に向け、発達した頸の筋肉を使って頭を下げ、力強く突進したことが想像される。角をもった恐竜の頭骨には、多発性骨髄腫(しゅ)という骨髄の悪性腫瘍(しゅよう)の証拠と考えられる骨の孔(あな)がしばしば残されている。強い肢と短く広い足をもち、臀部(でんぶ)の高さは約2メートル半。白亜紀の最後まで生存した恐竜である。[小畠郁生]
『佐藤哲、ネイチャー・プロ編集室構成・文『恐竜の行動とくらし6 トリケラトプス――角竜は巨大な角を何につかっていたのか』(1995・偕成社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトリケラトプスの言及

【角竜】より

…また,各種属のものはそれぞれに年齢とともに段階的に変化がみられる。角はプロトケラトプスではほとんど発達せず,モノクロニウスMonocloniusでは鼻の上に1本,トリケラトプスなどでは鼻の上の角が小さく,目の上の左右2個の角が大きくなる。角の表面にはケラチン質の鞘(さや)があったらしく凸凹がある。…

※「トリケラトプス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トリケラトプスの関連キーワード鳥盤類ヘスペルオルニス白亜系アーケロン生存数白亜紀海進ハドロサウルスハドロサウルス類角竜ティランノサウルス

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トリケラトプスの関連情報