コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリトマ Kniphofia uvaria; torch lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリトマ
Kniphofia uvaria; torch lily

ユリ科の多年草。和名はシャグマユリ南アフリカ原産で,観賞用に栽培される。葉は根出し線形で長さ 60~90cm。夏に,高さ 1mほどの花茎を伸ばし,茎頂に先が6裂した筒状の多数の花を下向きに密につける。花は長さ 2.5~5cm,上方の花は普通深紅色,下方の花は黄色。このほかやはり南アフリカ産の近縁種ヒメトリトマ K. rufaなど,いくつかの種や変種が同様に栽培されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トリトマ

シャグマユリとも。トリトマとは古い学名に基づく呼称で,現在の学名はクニフォフィアという。南アフリカ原産のユリ科の多年草で数十種がある。性質はきわめて強健で耐寒性もあり,切花,花壇用に向く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリトマ【red‐hot poker】

ユリ科の春植えの耐寒性宿根草(イラスト)。ユリ科シャグマユリ属Kniphofiaは熱帯アフリカ,南アフリカ,マダガスカルに数十種が分布している。トリトマは旧属名Tritoma。細い管のような花が下向きに咲く独特な花容で,大型のものは花茎が1m以上に達し,茎は太い。葉はカンゾウ(萱草)に似る。花は初夏から盛夏に咲くもの,秋に咲くもの,初冬より咲くものなど変化が多く,十数年前までは新しい輸入種もあって切花も多かったが,首部の茎が曲がる欠点がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トリトマ【Tritoma】

ユリ科の多年草。南アフリカ喜望峰地方原産。切り花・花壇用に栽培。葉は広線形で長く、多数根生する。夏、高さ約1メートルの花茎の上端に長さ約20センチメートルばかりの花序を立て、花は下向きに密生し、下から咲きあがる。花は筒状で蕾つぼみのときは橙赤色、開花して黄色となる。赤熊百合しやぐまゆり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリトマ
とりとま
[学]Kniphofia uvaria Hook (=Tritoma uvaria Gawl.)

ユリ科の耐寒性多年草。南アフリカのケープ地方原産。和名シャグマユリ(赤熊百合)。トリトマ属のなかでもっとも普及している。葉は常緑で白粉を帯び、多数が根出、叢生(そうせい)する。長さ60~90センチメートル、幅2~3センチメートル、葉先は鋭くとがる。葉間から1メートルに達する花茎を出し、先端に円筒状の小花を穂状に密生する。花は下向きにつき、長さ15~25センチメートルで、つぼみのときは橙赤(とうせき)色で、開花とともに下部は黄色となる。花期は6~10月。花壇、切り花に多く用いられ、花色、大きさ、花茎の高さなどかなり違う変種がある。じょうぶで栽培しやすく、土質を選ばないが、日当りのよい所でよく育つ。繁殖は春または早秋に株分けによる。[魚躬詔一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トリトマの関連キーワードヘビノボラズ(蛇登らず)マダガスカル蛇上らず切り花目木花序上端メギ

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android