コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルクコンバーター トルクコンバーターtorque converter

翻訳|torque converter

5件 の用語解説(トルクコンバーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トルク‐コンバーター(torque converter)

自動変速機の一部をなす油圧式のトルク(回転力)変換機。密閉容器の中に二つの翼車を対置し、中を油で満たす。一方を回すと、油の流れで他方も回り、その際、間に固定翼を置いて流れの方向を変えると、低速時にはトルクが増大され、高速時にはトルクが小さくなり、変速機の要求と一致する。トルコン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

トルクコンバーター

トルコンとも。駆動・被動両軸を,流体を媒介として結合,動力伝達を行い,負荷の変動に応じて自動的に変速作用をする流体変速装置ドーナツ状管路に渦巻ポンプ水タービンステーター案内羽根)を組み込んだ構造で,中に入れた油がこの順で循環する。
→関連項目自動変速装置水力機械ディーゼル機関車変速装置流体継手流体変速装置

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トルクコンバーター【torque converter】

ポンプ羽根車タービン羽根車および案内羽根(ステーター)を主要な構成要素とする流体式のエネルギー伝達装置。図1に基本構成を示す。ポンプ羽根車は入力軸(原動機)に,タービン羽根車は出力軸(負荷)に結合され,ステーターは固定される。液体を満たしてポンプ羽根車を回すと,液体はポンプ羽根車からトルクを与えられてタービン羽根車に流入し,それにトルクを与えて回転させステーターに入る。ステーターでは流れの向きを変えてポンプ羽根車に戻る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トルクコンバーター【torque converter】

自動車の自動変速機の一。オイルを満たした容器内で、向かい合ったタービンが流体の力で回転することにより動力を伝える装置。オートマチック車で使われる。油圧式回転力変換機。トルコン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルクコンバーター
とるくこんばーたー
torque converter

液体(一般に油)を作動媒体として一つの軸から他の軸へ動力を伝達する装置。流体変速装置ともいう。二軸間の速度比を無段階に変えることができる。ターボ型ポンプ羽根車、タービン羽根車および案内羽根(ステーター)から構成されている。
 ポンプ羽根車は入力軸(原動機軸)に、タービン羽根車は出力軸(負荷軸)に取り付けられ、ステーターは入力軸や出力軸とは無関係に、固定された枠に直接支持される。ポンプ羽根車によってトルク(回転力)を与えられた液体は、タービン羽根車の中を流れる間にトルクを与えてこれを回転させ、ステーターで方向を変えてポンプ羽根車に戻る。ステーターがトルクを増すので、そのトルクの大きさだけ入出力軸間にトルクの差を生ずる。すなわち、流体継手(つぎて)とは異なり、トルクコンバーターはトルクの変換を伴う変速装置である。
 負荷の変動に応じて出力軸の回転速度が自動的に変化し、その変化が原動機に影響しないという特徴をもつため、減速歯車などと組み合わせて、自動車などの自動変速機として広く用いられている。自動車用に用いた場合、原動機に過大な負荷がかからず運転はきわめて容易になるが、エンジンブレーキの効果は少ない。[池尾 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トルクコンバーターの関連情報