コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルベール トルベールtrouvères

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルベール
trouvères

フランスオイル語による吟遊詩人の総称。南フランスのトルバドゥールが歌った宮廷風恋愛テーマが 1160年頃北フランスに移入され,宮廷風の精神に目ざめ,恋愛心理に興味を示しはじめた貴族階級が吟遊詩人を歓迎したところから流行した。 70年頃のクレチアン・ド・トロアをはじめとし,1200年頃にはシャンパーニュアルトア地方からほとんどすべての地方に及び,アダン・ド・ラ・アルチボー・ド・シャンパーニュなど数多くの詩人を輩出,貴族から庶民階級へもこの趣向が浸透していった。特にリュトブフが有名。 70年頃この文学趣味が衰えるとともに,トルベールも姿を消した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トルベール(〈フランス〉trouvère)

中世の北フランスにおいて、トルバドゥールの影響下、オイル語で作詩・作曲した詩人兼作曲家の総称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

トルベール

12―13世紀北仏でトルバドゥールの影響を受け,主としてオイル語(ラングドイル)で抒情詩を歌ったアダン・ド・ラ・アルらの詩人たち。恋愛詩のほか,十字軍歌,即興史詩をも得意とした。
→関連項目吟遊詩人ジョングルールミンストレル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トルベール【trouvère[フランス]】

北フランスのオイル語を用いた詩人兼作曲家の総称。trouver(新しいもの(詩,曲)を作る)から派生した。トルバドゥールの影響下に12世紀中葉ころから活動を始めたが,アリエノール(ギヨーム9世の孫娘)とフランス国王ルイ7世との結婚が大きな契機となった。なお,アリエノールの娘たち,シャンパーニュ伯に嫁いだマリーブロア伯に嫁いだアエリスも,母親同様に,文芸の愛好者・保護者の役割を果たし,トルベールや宮廷風騎士道物語作者を積極的に支援した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トルベール【trouvère】

中世、北フランスで活躍しオイル語で作詩・作曲した詩人兼音楽家の総称。トルバドゥールの影響下に発生し、宮廷風恋愛詩ばかりでなく、武勲詩・風刺詩・宗教詩などにもすぐれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のトルベールの言及

【歌曲】より

…F.シューベルトのリートを例にとれば,《野ばら》が第1の型,《菩提樹》が第2の型,《魔王》が第3の型の実例である。 西洋音楽の歴史では,早くも中世のトルベールやミンネジンガー(ミンネゼンガー)など騎士歌人の作品に有節形式の歌曲が現れる。ミンネジンガーという言葉が,そもそも〈愛の歌い手〉を意味するように,歌曲の最も普遍的な題材は,古来〈愛〉であった。…

【中世音楽】より

…アルビジョア十字軍や貴族の結婚などを契機として,世俗歌の創作活動は,北フランスに波及し,やがてはドイツ文化圏においても継承された。その担い手は,南フランスではトルバドゥール,北フランスではトルベール(いずれも〈見いだす人〉の意),ドイツではミンネゼンガー(愛を歌う人)と呼ばれた。イタリアにもトロバトーレがいて,ダンテらもその影響を受けたらしいが,彼らの音楽は伝わっていない。…

【フランス音楽】より

…一つは武勲詩,もう一つは南フランスのトルバドゥールによるオック語の歌である。後者は13世紀になると北のトルベールによるオイル語の歌にとってかわられる。以上は騎士階級の単旋律の歌であるが,13世紀末には市民も交って作詩作曲するようになり,その代表が音楽劇《ロバンとマリオンの劇》をつくったアダン・ド・ラ・アルAdam de la Halle(1237ころ‐87?)である。…

※「トルベール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone