コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレビシック トレビシック Trevithick, Richard

5件 の用語解説(トレビシックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレビシック
トレビシック
Trevithick, Richard

[生]1771.4.13. コーンウォール,イロガン
[没]1833.4.22. ケント,ダートフォード
イギリスの技術者,発明家。 1790年父の跡を継ぎ,コーンウォール鉱山の技師となり,種々の鉱山用の排水ポンプを改良。 97年,蒸気機関水蒸気圧を高圧にすると機関の熱効率が高まり,しかも機関を小型化できることを発見,初の高圧蒸気機関を製作するとともに,1801年には,その高圧機関を可動車に搭載して蒸気機関車の原型をつくり,翌年特許を取った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トレビシック

英国の機械技術者。蒸気機関の改良に専念し,1800年複動式の高圧蒸気機関を製作,1804年には蒸気機関車を製作したが,世間の注目を集めることはできなかった。蒸気による削岩機,自動車も製作し,自分の蒸気機関を設置するためペルーに赴くなどするが,不遇のうちに生涯を終えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トレビシック【Richard Trevithick】

1771‐1833
イギリスの技術者。コーンウォールに鉱山監督の子として生まれる。同地には有名なスズ鉱山があり,排水装置としてニューコメン機関をよく利用し,優秀な技術者を育てていた。1777年バーミンガムからボールトン=ワット商会の技術者がきて商売をしていたが,1800年コーンウォールから引き上げ,地元の技術者の奮起が求められた。トレビシックは19歳のときエンジン技師の徒弟となったが,1800年従来のものより小さくて価格も低い複動の高圧蒸気機関を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トレビシック【Richard Trevithick】

1771~1833) イギリスの機械技術者。レールの上を走る世界で最初の蒸気機関車を製作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トレビシック
とれびしっく
Richard Trevithick
(1771―1833)

イギリスの機械技術者。コーンウォールの鉱山監督の子として生まれる。1790年、コーンウォールの錫(すず)鉱山の技師となり、1797年に高圧複動蒸気機関を初めてつくり、鉱石の巻き上げ装置に利用した。1801年には蒸気機関を動力とした車両の路上での試運転に成功し、さらに1804年、鋳鉄製のレール(ペニーダーラン軌道Penydaran tramway)上を走る蒸気機関車の実験を行った。しかし当時のレールは機関車の重量に耐えられず、長期的な運転は断念した。この機関車は最初の鉄道用蒸気機関車とされ、イギリスでは彼を「蒸気機関車の父」とよんでいる。さらに、揚水用高圧ビーム機関(1812)、プランジャー・ポール機関(1815年特許)や、脱穀・製粉などの農業用の機関を製作したが、生涯貧しかった。
 なお、孫のR・F・トレビシックRichard Francis Trevithick(1845―1913)は、1888年(明治21)に汽車監察方として着任、官鉄神戸工場にて日本最初の国産蒸気機関車860形を製造(1893)したのをはじめ、日本の技師養成に功績を残している。また、その弟のF・H・トレビシックFrancis Henry Trevithick(1850―1931)は兄より早く1876年来日、1889年汽車監督となり、1893年には信越線横川―軽井沢間のアプト式機関車の試運転を担当、同年に開通させている。[松澤正二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトレビシックの言及

【削岩機(鑿岩機)】より

…回転打撃式削岩機は大型のものが多く,もっぱら油圧で駆動される。
[発達の歴史]
 削岩機の歴史は,1813年にイギリスのトレビシックR.Trevithickが発明した蒸気動回転式削岩機にさかのぼる。その後,49年にアメリカのクーチJ.J.Couchによって蒸気動打撃式削岩機が発明された。…

【削岩機(鑿岩機)】より

…回転打撃式削岩機は大型のものが多く,もっぱら油圧で駆動される。
[発達の歴史]
 削岩機の歴史は,1813年にイギリスのトレビシックR.Trevithickが発明した蒸気動回転式削岩機にさかのぼる。その後,49年にアメリカのクーチJ.J.Couchによって蒸気動打撃式削岩機が発明された。…

【自動車】より

… 蒸気自動車の発達の舞台はその後フランスからイギリスへと移り,蒸気機関の技術開発が急速に進んだ19世紀に入るや本格的な実用化をみることになる。R.トレビシックは1801年のクリスマスに数名を乗せて蒸気自動車を走らせることに成功,これは実用にまでは至らなかったが,25年にはガーニーGoldsworthy Gurney(1793‐1875)やハンコックWalter Hancock(1799‐1852)の乗合蒸気バスが登場し,30年代に入るとチャーチWilliam Churchの50人乗り大型バスがロンドン~バーミンガム間約180kmを運行するなど,通称〈馬なし馬車〉と呼ばれた蒸気自動車はその黄金時代を迎えた。しかし,蒸気バスが交通機関にさらに進出するようになると,ボイラーの爆発事故,ばい煙や火の粉をまき散らすなどの安全・公害問題がクローズアップされるようになった。…

【蒸気機関車】より


[発達と衰退の歴史]
 蒸気機関で車輪を回して走る蒸気車が出現したのは,J.ワットが蒸気機関を発明してまもなくの1769年で,フランスのN.J.キュニョーによって試みられ,ふつうの道路を時速3.6kmの速さで15分間走行したといわれている。蒸気機関車を発明したのはイギリスのR.トレビシックで,彼はそのころ広く敷設されていた馬車鉄道に着目し,そのレール上を走る蒸気機関車を1804年に製作した。08年には公開実験も行われたが,当時のレールでは機関車の重さに耐えられず,トレビシックの考案は注目を浴びるまでには至らなかった。…

※「トレビシック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トレビシックの関連キーワードコーンウォール語コーンワルコーンウォングラソービタミンウォーター フォーカスコーンウォールの若獅子13ウォーリアーズビタミンウォータームーンシャイン・ウォーレインウォーカーコーンウォール半島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone