トレント川(読み)トレントがわ(英語表記)River Trent

  • Trent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリスイングランド中部を流れる川。全長約 270km。流域面積約 1万km2。ミッドランド地方の主要河川で,ペナイン山脈南部西斜面のストークオントレント付近に源を発し,スタッフォードシャー県南東北東へ流れたのち,ダービーシャー県南端部を横切り,ノッティンガムシャー県を北東流,ノースリンカーンシャーハンバー川と呼ばれる三角江(エスチュアリー)に注ぎ,キングストンアポンハルを経て北海に出る。オールラスまでは狭い谷を流れるが,それより下流は幅広い氾濫原を流れ,ニューアークオントレントより下流は落差がきわめて小さく,潮汐作用の影響がニューアークオントレントの下流約 5kmのところまで及ぶ。主要支流はダブ川,ダーウェント川,ソア川。キングストンアポンハルへのタンカー航路として重要で,沿岸にはノッティンガムシャーの工業地帯,ダービーシャーの炭鉱地帯がある。バートンの下流には 1960年代に八つの発電所がつくられ,コタムウェストバートンの発電所(200万kW)は当時ヨーロッパ最大のものであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリス、イングランド中東部の川。ペニン山脈南部に発し、北東方向に流れ、河口部はハンバー川とよばれる広い三角江となって東流し、北海に注ぐ。イングランド中央部の炭田に立地する工業地帯を流れる重要な河川で、総延長約270キロメートル。流路に沿って、レスター、ダービー、ノッティンガム、ストーク・オン・トレントなどの工業都市がある。

[小池一之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android