コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンボロ トンボロtombolo

翻訳|tombolo

4件 の用語解説(トンボロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンボロ
トンボロ
tombolo

陸繋砂州ともいう。陸地と島とをつなぐ砂州。海岸からそれほど離れていない距離に島があると,海流の浸食,運搬作用によって運ばれてきた岩屑が陸地と島の間に堆積し,細長く低平な砂州を形成して両者をつなぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トンボロ

陸繋(りくけい)島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トンボロ
とんぼろ
tombolo

陸地と島とを連結する1本あるいは2本以上の砂礫(されき)の堆積(たいせき)地形(砂州(さす))をいう。陸係砂州ともいう。1本の砂州でつながった単一トンボロのほか、2本の砂州で連結された二重トンボロや、多くの砂州で連結した複合トンボロ、Y字型砂州で連結されたY字トンボロなどがある。2本以上の砂州間には潟湖(せきこ)や低湿地がみられる。福岡県博多(はかた)湾の海ノ中道、紀伊半島南端の串本(くしもと)などの砂州はトンボロの事例である。[豊島吉則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトンボロの言及

【陸繫島】より

…大陸(または大きな島)から離れていた海岸近くの島が,細長い砂州または三角形をした尖角州cuspate spitと呼ばれる砂地形の発達によって,陸続きになった場合に,この島を陸繫島という。またこの島と本土をつなぐ砂州をとくに陸繫砂州(トンボロtombolo)という。海岸近くに離れ島があると,沖合から打ち寄せる波は島のために屈折あるいは回折して,島の後ろ側に回りこむ。…

※「トンボロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トンボロの関連情報